認知症サプリメント 研究サイト(アミノ酸編)

アルツハイマー病予防・改善サプリメント アミノ酸系

アミノ酸系

N-アセチル-システイン(NAC)(M・L)

Jarrow Formulas, N-A-C Sustain®(N-A-C サステイン)、N-アセチル-L-システイン、600 mg, 100 錠

<概要>

最強の抗酸化物質と言われるグルタチオンの前駆体。

グルタチオンはグルタミン酸、グリシン、システインの三つのアミノ酸で交際されており、システインの細胞内濃度が一番低い。(グルタチオン合成の律速段階)

※グルタチオン自体はサプリメント等で直接摂取しても多くが腸管で加水分解される。

NACが、BBBを通過するかどうは議論が別れており、おそらく用量と用い方に依存する。

NAC単体投与によるアルツハイマー病患者認知機能改善の証拠は弱い。


<薬物動態>

ミネラルへのキレート効果、鉛等(鉛はグルタチオンを不活性化させる)

グルタミン酸受容体への刺激を緩和

MMP9活性を60%阻害

ミトコンドリア機能障害回復による神経保護効果


<摂取方法>

デトックスに用いる際、活性炭とは併用しない。(結合して不活性化するおそれ)

低濃度のNACは細胞増殖を促進するが、高用量ではアポトーシスを引きおこす可能性。

酸化ストレスが無い場合に摂取すると、プロオキシダント効果により有害となるかもしれない。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3967529/


<サプリメント>

通常タイプの半減期は数時間、徐放剤とノーマルの使い分けがおすすめ

ジャロー N-アセチル-システイン 600mg 100錠 徐放剤

ジャロー N-アセチルシステイン 500mg 100カプセル ノーマル

昼、晩 一錠ずつ。夕方から夜を中心に。炎症反応が高い場合は朝も加える。

Nアセチルシステインの炎症抑制効果により、摂取してから運動やLLLT治療などの炎症応答を利用した健康法を行っても、それぞれの利益を失うかもしれない。

MSM(メチルスルフォニルメタン)(A)

「methyl sulfonyl methane」の画像検索結果

MSM(Methylsulfonylmethane)は身体のあらゆる細胞に備わる有機イオウ化合物

非常に効能が広く、アメリカでは一部の人の間で万病に使われている感のある栄養補助食品。
主な効用は、抗炎症作用、関節やひざの痛み、皮膚の修復、髪の再生、アレルギーなど。

<効能 認知症関連>

強力な酸化防止剤 グルタチオンの材料であり、ビタミンC、E、COQ10、セレンなどの他の抗酸化物質の効果を増強する。

メチル化を助け、ホモシステインレベルを低下させる。

抗炎症作用

消化管の内層を修復、リーキーガットの症状を改善


アルミニウムのキレート(単体では結合は弱い、DMSOと併用で使い物になる?)

https://www.alzconnected.org/archive.aspx?g=posts&t=2615


直接、認知機能の改善に結びつく効果があるわけではないが、間接的に多くのアルツハイマー病発症要因と関わるため、食事でイオウ成分(システイン、シスチン、メチオニン)を含む食品の摂取不足がある場合は積極的に摂取したい。

また、アルツハイマー病患者では硫黄化合物が不足している傾向があるとも言われている。


<イオウを多く含む食品>

牛肉 ひき肉160mg

鶏むね肉 151mg

ごま 300mg

にんにく 320mg

小麦粉 130mg

ニンニク 320mg

いいだこ生 350mg

いか生 240mg

豆類 大豆 290mg

卵 180mg

チーズ 150mg

あまのり 1840mg


運動に伴う疲労を軽減するためには3g以上摂取して有意な改善を示す。

変形性関節症は4~6gが研究で使用されている。

<サプリメント>

ジャロー MSM 1000mg 200カプセル

一日3錠以上 食後

ジャロー MSM 1000g(1kg) パウダー

一日3g 食後

パウダーは価格が安いが味は正直苦い。カプセルかどうかは好みで。

カルノシン

カルニチン(アセチル-L-カルニチン) (M・L)

アセチル-L-カルニチンの効果効能 研究(認知症・アルツハイマー)

グルタチオン(M・L)

「glutathione food」の画像検索結果

グルタチオンを増やす7つの戦略

<グルタチオンサプリメント>

ジャロー 還元型グルタチオン 500mg 60カプセル

ヘルシーオリジン セトリア 還元型L-グルタチオン 500 mg 60カプセル

<リポソーム グルタチオン>

リプリセル リポソーマルグルタチオン 450mg 30包

一日 250mg×2回 (一包を半分ずつ)

リポソームグルタチオンは超音波洗浄を使った自作が可能かもしれない。

<アセチル-グルタチオン>

ジャロー S・アセチル・L・グルタチオン 100mg 60錠

ニュートリコロジー  アセチル・グルタチオン 100mg 60錠

1錠~

リポソーマルグルタチオンよりも飲みやすい。高価

・グルタチオン坐薬

グルタチオン坐薬 (日本からのamazon usでの購入は不可 )

(Amazon US) GlutaMax (Glutathione Suppositories 500mg) 30 day supply

グルタミン

<サプリメント>

CGN L-グルタミン パウダー 454g

クレアチン(A)

「creatine food」の画像検索結果

<概要>

Lアルギニン、グリシン、メチオニンで構成されるアミノ酸ペプチド

牛肉1kgあたり約5gのクレアチンを含む。

細胞のエネルギー通貨であるATPを細胞がエネルギーとして使用すると、ADPが代謝されるがクレアチンはそのADPをATPに戻して、リサイクル使用することができる。

クレアチン補給は2g/日以上の補給で、ベースラインを上回り上昇する。

・クレアチンは、グルタミン酸塩からの興奮毒性を低下させることで神経保護作用をもつ。

・クレアチンはATPを維持することで、細胞内のカルシウムの有毒な蓄積を防ぐ。

・クレアチンはNMDA受容体のポリアミン結合部位をポジティブに調節し、グルタミン酸、Dアスパラギン酸などにより受容体へのアゴニスト作用を増加させることで、潜在的な認知機能強化メカニズムに影響を与える。

・クレアチンはGABA作動性ニューロンおよびDARPP-32(スピンニューロンのバイオマーカー)の密度を増加させ、細胞のGABA取り込み能力を増加させる。

・クレアチンは抗酸化能はもたない可能性が高い。

・クレアチンは、コリン作動性には影響を与えない。

・クレアチンは運動後のヒトのDNAの酸化的損傷を防ぐ。


クレアチンは睡眠不足時の中強度の運動において前頭前皮質の広い領域を活性する限定的な効果をもつ。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17046034


クレアチンを筋力トレーニングと併用することで、血流の増加、エネルギー消費量の増加、総コレステロール値の減少が認められた。

クレアチンの単独摂取ではその変化は見られなかった。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11735088


ベジタリアンへのクレアチン補給が記憶力を改善、反応時間の変動性が低下した。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21118604


<相互影響のある栄養因子>

・COX2阻害剤との相加的な抗炎症作用

αリポ酸 クレアチンレベルを増加させるのに効果的

・HMBとの併用は相補的、相乗作用はない。

・βアラニン摂取はクレアチン単独よりも多くの筋肉と少ない脂肪の体組性効果をもつ。

・炭水化物 クレアチンの貯蔵が枯渇した時にのみ、インスリンによる取り込み速度を高められる。


<クレアチンの効果を得やすい人>

・ベジタリアン、肉、魚の摂取量が少ない人、

・高齢者

・一部の知的障害者(クレアチン合成酵素(AGATまたはGAMT)の欠乏)

・筋トレ、HIITを行っている人

・睡眠不足の人

・低酸素、酸化的損傷がある。


<サプリメント>

ナウフーズ クレアチンモノハイドレート 750mg 120カプセル

オールマックス クレアチン マイクロナイズド 1000g パウダー

食後1~2錠×3回(3~5g)

グリシン(A)

Life Extension, グリシン(Glycine), 1,000 mg, 100粒(ベジタリアンカプセル)

<概要>

グリシン自体が、GABAやアグマチンに類似したシグナル伝達系を有する神経伝達物質。抑制性であり、GABA作動性システムと協調して働く。

海馬にはグリシン受容体が発現しており、ニューロンの興奮に対して抑制効果をもつ。グリシンは海馬を介したシグナル伝達に関与しており、グリシン作動系とグルタミン作動系の両方に関与する。

ラットモデルでは、グリシン摂取により、体内温度が低下し、血管の拡張が増加することでラットの睡眠を改善した。


女性の被験者に就寝前にグリシンを3g摂取してもらうと、主観的報告では、翌日の朝の疲労をプラセボ群よりも軽減する。

グリシンは、レム睡眠ノンレム睡眠のバランスに影響を与えない。

翌朝の主観的な疲労軽減効果は三日後にはなくなってしまう。

しかし、 反応時間や記憶力などを調べるpsychomotor vigilance テストのパフォーマンスの改善は一貫して続いた。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22529837


<サプリメント>

ライフエクステンション グリシン1g 100カプセル

アミノ酸 グリシン100%  1kg パウダー

寝る前に3g摂取

鉄分、鉄を多く含む食事とは同時に摂取しない。

ゼラチン(コラーゲン)

<サプリメント>

CGN コラーゲンペプチド+ヒアルロン酸+ビタミンC

DMAE (ジメチルアミノエタノール)

<サプリメント>

ナウフーズ DMAE 250mg 100カプセル

DHEA (L)

 

TMG トリメチルグリシン(ベタイン) (M)

<サプリメント>

ジャロー TMG トリメチルグリシン 500mg 120錠

タウリン

「taurine food」の画像検索結果

<概要>

生涯にわたり取り続けても有害な作用のない摂取量は3g/日までとされている。

NMDAを阻害し、GABAa受容体を刺激することで、GABAを増加させる。

神経保護作用の可能性。

タウリン単独での認知機能改善の証拠はほとんどないが、脳内のGABAを増加させる方法のひとつとして有望。


タウリンおよびホモタウリンはアミロイドβオリゴマーに直接結合して阻害する。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4264000/


<サプリメント>

ライフエクステンション タウリン1000mg 90カプセル

夕食後 1~3g

トリプトファン(M)

早期アルツハイマー病患者の血清アミノ酸、トリプトファンおよびメチオニンレベルが有意に低下

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9660107


アルツハイマー病患者のトリプトファン枯渇後、MMSEスコアが有意に低下。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10739429

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12095908

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12537035


トリプトファンのセロトニン合成はアミノ酸摂取後5時間

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2908021/


「ReCODEプロトコル」

500mgを寝る前~1時間前に摂る。ただし目が覚めたりしない場合に限る。

うつ病、不安の緩和2g~

<サプリメント>

Source Naturals L-トリプトファン 500 mg 60 カプセル 

プレグネノロン(M)

<概要>

体内であらゆるホルモンに変換されるプロホルモン

老化、アルツハイマー病と関連して記憶低下の原因となる因子のひとつ。

プレグネノロン硫酸の脳内濃度と認知能力には有意な相関がある。

動物の脳にアミロイドβを注入すると、プレグネノロンの代謝物である神経ホルモンプロゲステロンが劇的に低下する。

プレグネノロンは認知機能障害、特にアルツハイマー病において脳の可塑性と関わる。

プレグネノロンが海馬神経新生の調節において、神経ステロイドの役割を果たしている。

MENDプログラムの3型では、血清プレグネノロンの低値が示唆されている。

アルツハイマー病改善目的の摂取量は確立されていない。

プレグネノロンはアルツハイマー病患者の脳内アセチルコリン濃度を上昇させる

プレグネノロンはGABA受容体に作用し、脳細胞活動を抑制、鎮静作用、抗不安作用、睡眠誘導効果をもつ。

プレグネノロンはニコチンやアルコールなどによる記憶障害、不安行動に対抗する作用を示す。

http://www.lifeextension.com/magazine/2007/11/report_pregnenolone/Page-01


<摂取量>

一般的な摂取量(低用量) 40歳以上 25~50mg

ステロイドホルモンの中では安全な部類に入る。

100mgまでの長期使用は安全だと考えられているが、一般健常者は一日10mgまでにすべきという内分泌学者もいる。

「ReCODEプロトコル」

一日10mgからスタート、25mgまで増やして、プレグネノロンの血清レベルを50~100ng/dLにする。


<サプリメント>

カントリーライフ プレグネノロン 10mg 60カプセル

カントリーライフ プレグネノロン 30mg 60カプセル

MRM プレグネノロン 50mg 60カプセル

メラトニン (M・L)

「melatonin」の画像検索結果

メラトニン(認知症・アルツハイマー)


<サプリメント>

即時放出タイプ 

健康予防・高齢者

ナトロール メラトニン 3mg 60錠

高齢者・MCI・アルツハイマー病初期~中期

ナロトール メラトニン 5mg 60錠

ナトロール メラトニン 10mg 60錠

徐放剤(タイムリリース)

健康予防・初投与
ライフエクステンション メラトニン 徐放剤 0.75mg 60錠 

健康予防、高齢者

ライフエクステンション メラトニン 徐放剤 3 mg 60 錠

徐放剤と即時放出の組み合わせ

MCI・アルツハイマー病中期以降(夜間の周辺症状対策)

ナトロール メラトニン マキシマムストレンクス 10 mg 60錠

テアニン

「theanine」の画像検索結果

テアニン(認知症・アルツハイマー)


<サプリメント>

サンテアニン

ジャロウ L-テアニン(サンテアニン)100mg 60カプセル

ノンブランド

ナウフーズ L-テアニン 100mg 90カプセル

パウダー

ナウフーズ L-テアニン パウダー 28g

Translate »