アルサプ 認知症回復プログラム 1.5型(糖毒性)

スタートアップオプション 1.5型(糖毒性)

免責事項をお読みください。

はじめに

空腹時インスリン4.5以上、空腹時血糖値90以上、HbA1c5.5以上のいずれかに該当する場合にこのオプションを検討する。

1.5型は1型と2型の要素を併せもつため、1型、2型にも対応しつつ1.5型の特徴である糖代謝の改善に多面的に取り組むことになる。

1.5型への取り組みは、サプリメントよりも食事や運動といった生活習慣の最適化が回復治療の中心となる。

そのため、それぞれの技術的なポイントをつかんでいくことと、モチベーションををどう維持していくかといったことが治療成功の鍵となる。

アルツハッカーサプリメント 1.5型(糖毒性)リスト

食生活

ケトンダイエットの実行(マイルドケトーシス)

認知機能改善食事プログラム ケトフレックス12/3

ケトン体質になるための12のステップ

糖質制限についての注意

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維を多く含み血糖値を上げにくい食品を摂取

焙煎していない生のナッツ、ごぼう、モロヘイヤ、ドライいちじく、納豆、ごま、アボガド、なめこ、こんにゃく、キャベツ、わかめ、もずく、昆布、寒天

地中海料理

レジスタントスターチ

レジスタントスターチを多く含む食品

炊飯時にココナッツオイルを大さじ一杯投入

冷や飯

ふかした後の冷えたさつまいも

グリーンバナナ 

カシューナッツ

圧力鍋で調理したマメ科食品

ハイメイズ/Hi-maize

オールマックス ワキシーメイズ2000g

グリーンバナナパウダー 397g

クズウコンのでんぷん粉 453g

タピオカパウダー 680g

おおさじ一杯を水に溶いて飲む 一日1~2回 食後

鼓腸が生じる場合は大さじ半分からスタート

ハイメイズ

www.ingredion.jp/findingredients/foodbeverage/fibre.html

レクチンを避ける

レクチンは、インスリン抵抗性を高める。

高レクチン食

穀物類、全粒粉、マメ科、乳製品(特に穀物食で育てられたウシの乳製品)

ナス、トマト、ピーマン、じゃがいも、GMO食品などを避ける

圧力鍋調理

レクチンは高熱に弱いため、圧力鍋を使うことで大幅に減らすことができる。

運動

有酸素運動の強化(週5回)

腕時計型の心拍計を購入

認知症患者は健常者と異なり心的なきつさと運動強度があまり一致しない。

そのため、心拍計を用いて強度を把握する必要がある。

運動中に心拍が確認できる視認性の良いもの。

激しい運動をするのでない限り低価格帯のもので構わない。

目標心拍数(目安)

50代 120~130/分

60代 115~125/分

70代 110~120/分

80代 105~115/分

※運動習慣が身につくまではより低めの心拍(マイナス10~)でスタート

足腰や膝の心配がある人へ

・近くの登り坂を探して早足で歩く。(上り坂は歩行速度でも目標心拍数に達しやすい)

・フィットネスバイクをこぐ。(目標心拍数以外に、回転数(ケイデンス)を75~80回転/分を意識してペダルをこぐ)

・フィットネスバイクは購入するならリカンベントタイプがおすすめ。

・傾斜角をつけれるトレッドミルをのぼり歩く。(プログラムによって速度や傾斜角の変化がつけれるとなお良い)

筋力トレーニング(週2回)

有酸素運動と組み合わせることでインスリン抵抗性への劇的な相乗効果がある。

ダンベルを使ったフリーウエイトや、体の重さで行うスクワット、腕立て伏せなどもしないよりははるかにましだが、認知機能の低下を抑制するレベルで行うには高い技術とやる気が必要。

大げさなように思うかもしれないが、高齢者ほど、むしろまずはスポーツセンターへおもむき、マシンを中心に筋トレを行ったほうが良い。

トレーナーにやり方をたずねれば、親切に教えてくれる。

トレーニングマシン

足 → レッグプレス 3セット

胸 → チェストプレス 3セット

背中 → ラットプルダウン 3セット

自宅に場所があれば、ホームジムの導入を検討してみる。3万円台で入手可能。

睡眠

7~8時間の睡眠

睡眠不足(7時間未満)はインスリン機能を著しく損なう。

睡眠を改善させる7つの方法と研究

睡眠障害を改善させる123の方法

サプリメント(リコード法)

R体 アルファリポ酸の増量

簡易版プランの夕・寝る前とは別に昼に一錠加える。

アルファリポ酸は血糖値を下げてくれる。糖尿病薬を使用している場合は過剰に血糖値を下げる可能性があるので注意が必要。

亜鉛の増量

1日摂取量を30mgにまで増やす。

セイロンシナモン

カプセル
パウダー(料理用)

フロンティアナチュラルプロダクト 有機セイロンシナモン パウダー453g 

ベルベリン

ソラレイ ベルベリン抽出物 60カプセル

一日2~3錠 食後

または

メトホルミン

病院で処方または個人輸入

クロム

ジャローフォーミュラ クロム200mcg 100カプセル

夕方 食後1~2錠 炭水化物と同時摂取

サプリメント(EBM)

クレアチン

ナウフーズ クレアルカリンクレアチン 120カプセル

一日2~3錠 毎食後1~2錠

イノシトール

イノシトール

ジャローフォーミュラ イノシトール750mg 100カプセル

1日2~3カプセル

イノシトールで改善が見られない場合↓

ミオイノシトール

フェアヘブンヘルス ミオイノシトール500mg 120カプセル

1日2~4カプセル

アミリン(グルコガン分泌抑制作用)

植物から単離された糖尿病治療薬

たんぽぽコーヒー(αアミリン)

ダンディーブレンド インスタントたんぽぽ入コーヒー 200g

アルビタティーズ タンポポコーヒー 24ティーバッグ

ウルソル酸の前駆体

PPARγ活性

PPARγとは、DNAの転写調節を行う細胞内の受容体(核内受容体)のタンパク質に属し、転写因子としても機能する。

PPARγは主に脂肪組織に分布しており、活性化することによってアディポネクチンの産生が促進される。アディポネクチンは肥大化した脂肪細胞をアポトーシスすることで小型化させる。

小型化した脂肪細胞はインスリン感受性が増強され、炎症性サイトカインの産生、NF-κBの活性も低下する。

PPARγ活性食品 BEST5
・ナツメグ

・甘草

・黒コショウ

・ホーリーバジル

・セージ

ブラッククミンオイル(ニゲラ・サティバ/Nigella sativa)

ライフエクステンション ブラッククミンシードオイル 60ソフトジェル

1日 2錠

ピオグリタゾン

5~15mg/日

病院で処方または個人輸入

GLUT-1発現活性

グルコースが生体膜を通過するさいに必要な膜輸送タンパク質(グルコーストランスポーター)の一種

赤血球で最も高頻度に発現しているが、脳組織では血液脳関門、関門組織の内皮細胞で発現する主要なグルコーストランスポーター。

ベルベリン
メチレンブルー
ゲニステイン誘導体
AMPKの活性
浸透圧ストレス

GLUT-3発現活性

グルコースが生体膜を通過するさいに必要な膜輸送タンパク質(グルコーストランスポーター)の一種

GLUT-3は神経細胞で最も特異的に発現され、主に軸索、樹状突起に見られ、「神経細胞グルコース輸送体」として知られている。

GLUT1、GLUT2、GLUT4の少なくとも5倍の輸送能力をもち、グルコース輸送に非常に重要な役割を有する。

αリポ酸
ロシグリタゾン

インクレチン(GLP-1、GIP) の促進

グルコゴン様ペプチド-1/Glucagon-like peptide-1(GLP-1)は、GIP(Glucagon-like peptide-1)インクレチンとも呼ばれ、膵臓からのインスリン分泌を促進し、膵臓β細胞の増殖を促進する。

GLP-1はグルコース以外に脂肪酸、必須アミノ酸、食物繊維などの栄養素による刺激によっても分泌される。分泌量は食事量や栄養組性にも依存して2~3倍増加する。

GIPは、海馬で発現し、GIP受容体は大脳皮質、海馬および嗅球を含む脳の部位で見つかっている。GIPの外因投与は、ラットの海馬前駆細胞の増殖を誘導する。

甘味、苦味、うま味、脂肪の味覚受容体を刺激
レジスタントスターチ → 酪酸 → GLP-1
高麗人参
イヌリン
チコリ
オリーブオイル
ピジウム/Pygeum
シナモン
コリアンパイン/Korian pine
タラゴン/Tarragon
クチナシ/Jasminoides
フーディア/Hoodia
GLP-1アナログ製剤
エクセナチド、リラグルチド
DPP-4阻害薬
メトホルミン

正確な経路は不明だが間接的にGLP-1の分泌を増加させる。

academic.oup.com/endo/article/152/12/4610/2457336

膵島アミロイドポリペプチド/IAPP 凝集阻害

膵島アミロイドポリペプチド(islet amyloid polypeptide)は、アミリンとも呼ばれ、膵臓のβ細胞で産生されインスリンとともに分泌される。

アミリンは、胃内容物の移動を遅らせることで満腹感を促進し、食後の血糖値スパイクを防止することで血糖調節を行う役割を果たす。

2型糖尿病患者では、このIAPPの凝集物が膵島β細胞に沈着しており、膵島β細胞のアポトーシスを誘発する。

アルツハイマー病のβアミロイドと2型糖尿病のアミリンは、共通の毒性メカニズムをもっているという証拠がでてきている。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20186753

ミント
ペパーミント
タイム
赤ピーマン
レスベラトロール

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4815265/

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4662995/

プラムリンチド
Devalintide
オレウロペイン(オリーブ葉)

オレウロペインはβ細胞インスリン分泌を促進し、アミリン アミロイド誘発細胞傷害からβ細胞を保護する。

ルチン

ルチンは、アミリン誘発神経細胞毒性および酸化ストレスを阻害する。

PTP1B 阻害剤

プロテインチロシンホスファターゼ(PTP)はアミノ酸のチロシンに付加されているリン酸化を離脱させる機能をもつ酵素。ただし基質特異性は広い。

プロテインチロシンホスファターゼ1B(PTP1B)は、インスリンシグナル伝達を負に調節する制御因子。

PTP1B遺伝子を欠損するマウスでは肥満および糖尿病の発症から保護されていた。

Trodusquemineは、PTP1B阻害剤として創薬研究されている。

甘草
サイクロプス/Cyclocarya paliurus
ベルベリン
ケルセチン
紅茶>紅茶>緑茶
ナツメグ/Myristica fragrans Houtt
クルクミン
丹参/ salvia miltiorrhiza
ウルソール酸
オレアノール酸(ローズマリー)
エゴノキ/Styrax japonica
ベツリン酸(白樺の樹皮)
アマチャズル/Gynostemma pentaphyllum
チョレイマイタケ
アスペルギルス・ニガー/Aspergillus niger(クロコウジカビ)
マングローブ(Aegiceras corniculatum)
マグノリア樹皮

www.hindawi.com/journals/bmri/2015/139451/

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4002712/

膵臓β細胞の標的(特に1型糖尿病)

EGCG

bmcpharma.biomedcentral.com/articles/10.1186/1471-2210-4-18

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19757103

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17000467

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17884442

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16765345

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16988119

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19803520

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12754418

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17483343

カプサイシン

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29615798

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15358238

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17241282

カリカパパイヤ

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23190471

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21707251

クルクミン

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22773702

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21310207

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20227862

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23105348

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17900558

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17382910

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23116316

コノフィリン

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8879977

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22202163

ゲニステイン(イソフラボン)

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7508378

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9924176

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16567527

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8137766

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11786381

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20484465

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17932873

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17159082

朝鮮人参(ジンセノサイド)

ベルベリン

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23118793

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18442638

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16873688

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18511510

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15066220

ミルクシスル(シリマリン)

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/1842018

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22025861

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24739928

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15325843

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25143805

レスベラトロール

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17573071

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14733500

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15749705

ケルセチン

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20860660

ギムネマ酸

ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%82%BA%E3%83%A9

www.jstage.jst.go.jp/article/biophys1961/30/3/30_3_146/_pdf

www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/37/2/37_2_116/_pdf

ゴーヤ(モルモディシン)

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17392113

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15182917

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15362486

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8389127

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18254212

ブラッククミン

嗅覚刺激

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5784078/

植物による膵臓β細胞の保護と再生

www.scielo.br/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S1984-82502015000100001

ミネラルバランスの不均衡と有害金属の改善

一部の必須ミネラルのバランスが崩れることで、膵島に悪影響をおよぼし糖尿病の発症を引き起こす可能性がある。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21099269/

また一部の毒性金属も、グルコースの取り込みを破壊し糖尿病のリスクを上昇させる可能性がある。

鉛、ニッケル、アルミニウム、銅、クロム、カドミウム、ヒ素

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20062562/

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18810333/

鉄高値、マグネシウム低値、マンガン欠乏、銅欠乏、亜鉛欠乏、クロム欠乏

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3916582/

Translate »