アルサプ レビー小体型認知症・パーキンソン病 回復プログラム(オプション)

アルツハッカーサプリメント スタートアップサプリメント レビー小体・パーキンソン病 追加オプション(試案)

利用規約・免責事項 をお読みください。

はじめに

毒素の解毒をまず優先

ブレデセン博士によると、レビー小体型認知症は典型的に毒素、化学薬品、有害金属、生物毒素など、すべてのタイプの毒素と関連があると考えている。

そのためレビー小体型認知症治療はリコード法の適応ではないものの、リコード法またはCIRSのプロトコルに従った、毒素の解毒または除去治療の試みが求められる。

多因子疾患としてのレビー小体型認知症

ここにある治療アプローチは、リコード法で案内されているものではないが、レビー正体型認知症が多因子疾患であることを前提に、いくつかの提唱されている発症リスク因子を元に、それぞれまた研究されているサプリメント、薬剤、治療手段を列記してみた。

それぞれ機序ごとに記載しており、鉄キレートを除きすべて実行することを前提に考えている。

パーキンソン病

明確な発症機序はわかっていないものの、蓄積タンパク質はレビー小体型認知症と同様であり代謝障害のレベルにおいても多くが重複する。

パーキンソン病もまた毒素が関連する可能性があるため、レビー小体型認知症と同様リコード法、CIRSに基づく毒性の検査が必要。

パーキンソン病では典型的には、鉄キレートと腸内環境に焦点をあてて行く必要があると考えられる。

便秘や下痢などの消化管症状に対しては症状の改善を指標とするのではなく、各種リコード法での腸内環境検査をまず優先的に実行していく必要がある。

αシヌクレインの凝集阻害

ミリセチンを含む食品の摂取(生・新鮮)

キャベツ、パセリ、ブロッコリー、クランベリー

コーヒー

可能であれば一日3杯

または、コーヒー一杯とカフェインを組み合わせる。

ロズマリン酸を含有するハーブ

ペッパーミント、ローズマリーなどの調味料

日本の家庭料理でローズマリーなどのハーブの大量使用は難しかったりもするので、あっさりサプリメントを用いたほうが良いだろう。

ローズマリーリーフ(カプセル)350mg

一回二錠 朝、昼摂取

テアフラビン(発酵紅茶成分)

アッサムティー、ルイボスティー等 紅茶には約23mgのテアフラビンが含まれる。

しかし経口からの吸収率は非常に低い。

保護効果をもつ最低用量は1.6mg/kg(体重60kg換算で96mg)

テアフラビン標準化エキス(カプセル)87.5mg

一日1~3錠

スカルキャップ(バイカレイン)

スカルキャップ(カプセル)452mg

ドーパミン作動性ニューロンの保護(特にパーキンソン病)

カフェイン

エストロゲン補充療法を受けている女性は摂取しない。

カフェイン(タブレット)200mg

朝と昼摂取 一回半錠からスタート、コーヒーと併用または食後

昼以降は摂取しない。

ニコチンパッチ

禁煙外来、または個人輸入

ニコチンを含むナス・ピーマンを食べる

www.wiley.co.jp/blog/health/?p=2360

ラサギリン

パーキンソン病の治療薬として病院で処方が可能。または個人輸入

www.takeda.com/ja-jp/announcements/2018/azilect_launch/

www.takeda.com/jp/newsroom/newsreleases/2017/20170921_7840/

神経保護剤・ミトコンドリア機能の改善

PQQとユビキノールの増量

一日20mg

スタートアップPQQ&ユビキノール 朝と寝る前

メラトニンの増量

3~10mg または摂取量の増量期と通常期をもうける。

クレアチン

クレアルカリン クレアチン(カプセル)

一日2~3錠 毎食後

タウリン

タウリン(カプセル)1000mg

毎食後 1日3錠

脂質代謝の改善

グドゥッチ

ティノフェンド(グドゥッチ)

オートファジーの促進

空腹で有酸素運動

有酸素運動の前後は抗酸化剤を摂取しない

ガストロジン

ガストロジン300mg(ブレインシールド)

1回300mg 一日1~2回 朝~昼

リポソーマルトレハロース

自作リポソーマルサプリメント

HSPプロテインの増強

HSP入浴法

午前中が望ましいが、午後でも構わない。

参考書籍:加温健康法 伊藤陽子

テプレノン

入手先:胃腸薬として病院での処方が可能 食後に摂取

芍薬(ペオニフロリン)

ペオニフロリン(カプセル)252mg

ライコウトウ/Thunder god vine

Hsp90阻害剤

腸内環境の改善

食物繊維を増やす

繊維質の多い野菜を増やす。

動物性脂肪を摂取しない

ボーンブロスの摂取

ボーンブロスのレシピ研究

DHA・EPA

ビフィズス菌

ニュートリションナウ 乳酸菌・ビフィズス菌

パーキンソン病の進行は消化不良と関連する。

パーキンソン病患者ではビフィドバクテリウム(ビフィズス菌)が有意に少ない。

L-プランタラム、ブレビス

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5665539/

αシヌクレインは腸壁から脳へと逆行的に輸送される。

www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0014299917303734

図1

ラクトバチルス・カゼイシロタ

パーキンソン病患者へのプロバイオティクス使用による便秘治療

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21587143

尿酸値を上げる

尿酸値が低い場合は尿酸値を適正値の範囲内で増加させる。

高プリン体ダイエット

尿酸値を上げる食品(痛風で避けるべき食品リストになる)

痛風がある場合は尿酸値を過剰に下げないことを目標ラインにおく。

魚 サバ、卵、イワシ、(イノシン)

高タンパク質。

ほうれん草、アスパラガス、キノコ

イノシン(錠剤)500mg

グルタチオンを増やす

グルタチオンを増やす7つの戦略

鉄キレート・金属キレート

EGCGの増量

朝と昼に400mgを1錠ずつ、緑茶と併用する。

R体-アルファリポ酸

空腹時に摂取

胃腸症状を見ながら空腹時に200~300mg×2~3回

デフェリプロン&デフェラシロックス

専用の鉄キレート剤 組み合わがベスト

血清フェリチンレベルが高い場合には必要となる治療法。(血清鉄は低いことがある)

第一選択としてデフェリプロン、第二選択デフェラシロックス、おそらく併用が最も効果的。

フェリチン値にもよるが、ごく低用量から始める。

空腹時に摂取。他のサプリメントとも併用を避ける。

iHerbリスト

ひとつひとつサプリメントを選んで購入することを前提に記事を作っているが、「多すぎてよくわからん」という人も多いため、アイハーブのリストとしてまとめてみた。

アルツハッカーサプリメント レビー・パーキンソン リスト

Translate »