アルツハイマー病リスク遺伝子(SNPs)

認知症・アルツハイマー病発症リスク関連遺伝子(SNPs)

免責事項をお読みください。

アルツハイマー病

ApoE(アポリポ蛋白E / Apolipo protein E)

rs429358 (T;T)

ApoE4の同定に必要な2つのSNPsのうちのひとつ。

(C;T):アルツハイマー病発症リスク~3倍、心臓病リスク1.4倍

(C;C):アルツハイマー病発症リスク

rs7412 (T;T)

+rs429358 (T;T) の組み合わせ ApoE2

rs7412 (C;C)
+rs429358 (C;T)の組み合わせ:アルツハイマー病発症リスク3倍(APOE4/3)

+rs429358 (C;C) の組み合わせ(APOE4/4):ApoE3/3と比較して遅発性アルツハイマー病発症率12倍、若年性アルツハイマー病発症率61倍

www.geneticlifehacks.com/alzheimers-and-apoe-type/

ApoE遺伝子の影響がある薬物・因子

エストロゲン、高血圧、DHA、スタチン、ニコチン、セレブロリシン

www.alzdiscovery.org/cognitive-vitality/blog/what-apoe-means-for-your-health#ref-10

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5812012/

ApoE遺伝子の年齢によるアルツハイマー病発症リスクの違い

www.nature.com/news/alzheimer-s-disease-the-forgetting-gene-1.15342

rs4420638 (A;A)

(G;G):老年性アルツハイマー病の発症率2倍

(A;G):老年性アルツハイマー病の発症率3倍

ApoE4遺伝子によってのみ大きなリスクの増加となることを示唆するため、rs429358とrs7412をチェックする。

rs1799724 (C;C)

アルツハイマー病発症リスク ApoE4+6.6倍、ApoE4-1.6倍:(C;T),(T;T)

APP

rs63750847 (G;G)

(A;A),(A;G):アルツハイマー病の耐性

アルツハイマー病のリスクを~4分の1に減らす。

CETP (ILE405VAL,RSAI405V)

rs5882 (A;A)

(A;G):認知症およびアルツハイマー病発症リスクを低下させる。高いHDL

(G;G):長寿命、認知症リスクが0.28倍低い、アルツハイマー病発症リスク0.31倍に低下

PLD3

rs145999145 (G;G)

(A;A)、(A;G):アルツハイマー病発症リスク2倍

TM2D3

rs139709573 (G;G)

(A;G):老年性アルツハイマー病発症リスク7.5倍 in アイスランド

PSEN1(プレセニリン1/presenilin1)

rs63750231 (A;A)

(A;G):早期発症アルツハイマー病リスク

家族性アルツハイマー病原因遺伝子

アミロイドβ42の産生量が増加

PSEN2(プレセニリン2/presenilin2)

rs63750215 (A;A)

(A;T):若年性アルツハイマー病リスク

家族性アルツハイマー病原因遺伝子

アミロイドβ42の産生量が増加

CD33

rs12459419

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23946390?dopt=Abstract

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25762156?dopt=Abstract

rs3865444 (G;G)

(G;T),(T;T):アルツハイマー病発症リスクのわずかな低下

アルツハイマー病発症リスクが10%低下。ミクログリア、マクロファージの活性低下によるアルツハイマー病初期の発症リスクに関わる。発症年齢とは関係ない。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23708142

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22262751

TREM2

rs75932628 (C;C)

(C;T),(T;T):アルツハイマー病発症リスク

老年性アルツハイマー病発症リスクを高める。オッズ比2.9倍

前頭側頭型認知症様症候群発症リスクの高さと関連。

ミクログリアのmTOR活性および代謝を損ない、顕著なオートファジーを示す。

CR1(complement receptor 1)

rs3818361 (C;C)

(C;T),(T;T) :老年性アルツハイマー病発症リスク1.15~1.2倍

補体C3b、C4bの炎症およびアミロイド蓄積

高齢者の認知低下がより早く、神経病理学的な負荷が大きくなる。

脳アミロイド血管障害リスクの増加

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22262751

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19004497

NLRP1

rs12150220 (T;T)

(A;A),(A;T):自己免疫疾患リスクがわずかに増加

1型糖尿病、多発性硬化症、リウマチ性関節炎、全身性エリテマトーデス、自己免疫性アジソン病、若年性特発性疾患

カスパーゼ1活性による細胞死誘導

ABCA2

rs908832 (G;G)

(A;A):早期アルツハイマー病リスクが3.8倍増加

(A;G):?

ABCA7

rs3764650
rs3752246

貧食作用 脂質代謝 免疫応答

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21460840

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23360175

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25807283

EPHA1

rs11771145

アルツハイマー病発症後の側頭後頭側および下側頭側回に干渉することで、アルツハイマー病リスクを低下させる

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25182741

rs11767557

細胞の挙動と形態

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19118217

CD2AP

rs9296559
rs9349407

エンドサイトーシス、シナプス

神経突起斑負荷

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23836404

中国人、日本人、アフリカ系アメリカ人、カナダ人、およびヨーロッパ人の集団での関連性は報告されていない。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25092125

PicalM

rs3851179
rs541458

β-アミロイド(Aβ)ペプチドの産生、輸送、クリアランスの調節によってアルツハイマー病リスクに影響する。

タウオパチー、シナプス機能障害、脂質代謝異常、免疫障害など他のアミロイドβ非依存性経路の可能性。

link.springer.com/article/10.1007%2Fs12035-014-8878-3

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22539346

BIN1

rs744373
rs7561528

RME-1、Ehdと協調してエンドサイトーシスリサイクリングを制御する。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19915558

ADAM10

rs2305421 変異によってADリスクが低下

ADAM10遺伝子の変異は、αセクレターゼ活性の低下(>70%) アミロイドβレベルの上昇(1.5-3.5倍)を低下させた。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19608551

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20381196

AKAP9

rs144662445

rs149979685

シグナル伝達

微小管動態の調節因子であり、血液 – 精巣バリア機能に寄与する。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26687990

アフリカ系アメリカ人のアルツハイマー病と関連

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25172201

UNC5C

rs137875858

神経発達 変異はニューロン細胞死の増加をもたらす 遅発性アルツハイマー病に関与

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25419706

PLD3

rs145999145

シグナル伝達、エピジェネティックな改変

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22428023

PLD3変異はLOADリスクを2倍に増加、APPプロセッシングに影響を及ぼす。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24336208

DSG2

rs8093731

細胞接着、膵臓腫瘍での細胞接着成分Dsg1およびDsg2の量の減少

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19091121

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14744087

FERMT2

rs17125944

細胞接着性 血管新生 タウ病理

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24495969

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22457811

SLC24A4/RIN3

rs10498633

細胞シグナル伝達、神経新生、視覚的な虹彩パターンの発達、変化

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21835309

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12972505

ZCWPW1

rs1476679

エピジェネティック調節、神経発達

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20826339

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27066552

CASS4

rs7274581

rs6024870

rs16979934

細胞移動、細胞接着

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25188341

INPP5D

rs35349669

サイトカインシグナル伝達、免疫機能

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25799995

NME8

rs2718058

毛様体機能、ニューロン細胞増殖

GGおよびAA遺伝子型は、GA遺伝子型よりも海馬萎縮を示した

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25486118

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12200143

MS4

アルツハイマー病感受性遺伝子ネットワーク

画像、イラストなどを保持する外部ファイル。オブジェクト名はoncotarget-06-14092-g008.jpgです。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4546454/

アルツハイマー病防御遺伝子

RAB10

rs142787485 (A;A)

アルツハイマー病発症リスクを抑制する正確な機序はわかっていないが、膜輸送に関連していると考えられている。

genomemedicine.biomedcentral.com/articles/10.1186/s13073-017-0486-1

MTHFR関連

MTHFRについて 検査・対処方法など

C677T

rs1801133 (C;C)

(C;T):葉酸代謝能力65%

(T;T):葉酸代謝能力10-20%

A1298C

rs1801131 (A;A)

(A;C) :葉酸代謝に問題あり

(C;C):より複合的な問題

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22015309?dopt=Abstract

G1793A

rs2274976 (G;G) 

その他

IL-6

rs1800795 

(G;G):IL-6遺伝子のプロモーターであり、IL-6レベルに影響をおよぼす。

(G;C),(C;C):アルツハイマー病発症リスク2.5倍、血管性認知症発症リスク3.7倍

Val66Met

rs6265(G;G)

(A;G):ADHDまたはうつ病のリスクがわずかに増加

(A;A):アルツハイマー病患者の精神的な低下、運動能力の低下、内向的

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17293537?dopt=Abstract

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21300947?dopt=Abstract

BCHE539T or CHE539T

rs1803274(G;G)

ブリチルコリンエステラーゼ酵素をコードする。

このアレルはBchE活性を30%低下させる。

軽度認知症障害患者へのドネペジルのオフラベル使用は、特定の遺伝子変異を有する人(ブチリルコリンエステラーゼK遺伝子変異)にとっては認知低下を加速させる可能性がある。

www.sciencedaily.com/releases/2017/02/170225102126.htm


BchE-K変異体 rs1803274(G;G)ノーマル

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3196893/

GSK3-β

rs334558(G;G)

キャリアはリチウムの投与によって大きな応答を示す可能性がある。

双極性障害へのリチウム投与の平均寛解率は対立遺伝子保有者で有意に高い。(31%<56%)

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17628506

rs11919783(A;A)

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20605420

1型糖尿病

rs9272346 (G;G)

(A;A):1型糖尿病リスク18.5倍

(A;G):1型糖尿病リスク5.49倍

HLA-DQB1

rs1063355(G;G)

リスクアレル:A

喘息、抗CCP陽性慢性関節リウマチと関連。セリアック病の予測因子

シューメーカー博士のバイオ毒素感受性診断としても用いられる。

MMP9

rs17576(A;A)
rs3918242 (C;C)

セリアック病

以下のSNPがセリアック病患者のIBD(炎症性腸疾患)に関連する可能性
rs2187668 (G;G)

(A;G):セリアック病のリスク

(A;A):セリアック病リスク2倍

rs7454108 (T; T)

(C;T):中程度のリスク

(C;C):グルテン不耐性の可能性が高い

95%のセリアック病患者において、rs2187668、rs7454108の片方または両方を有する。

blog.23andme.com/health-traits/new-23andme-report-celiac-disease/

rs6840978(C;C) 
rs6822844(G;G)
rs13119723 (A;A) 
rs13151961 (A;A) 
rs6822844 (G;G) 

rs2816316

rs13015714

rs917997

rs6441961

rs17810546

rs9811792

rs9851967

rs917997

rs1464510

rs1559810

rs11938795

rs13151961

rs13119723

rs11734090

rs7684187

rs12642902

rs6822844

rs6840978

rs1738074

rs3184504c

rs653178

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2673512/

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17558408?dopt=Abstract

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19455118?dopt=Abstract

グルテン耐性

rs7454108 (T;T)

rs2187668 (G;G)

rs2395182 (T;T)

rs7775228 (T;T)

rs4713586 (T;T)c

rs4639334

レクチン感受性関連SNPs

rs1049353 (G;G)

rs1801133 (C;C)

rs1802231 (G;G)

rs2395185 (G;T)

rs3135388 (C;C)

rs3135391 (C;C)

ラクトース不耐症

gs100
rs4988235 (C; C)
rs182549 (C; C)

rs41380347 (T; T)

ラムノース不耐症

rs4988234(G; G)

リンク

遺伝子検査会社

23andme

www.23andme.com/

Shipito 商品の発送、受け取り代行業者

www.shipito.com/ja/?countrycode=JP

NKmedico ApoE遺伝子検査(受信可能国内施設一覧)

nk-m.co.jp/antiaging/apoe.html

SNPs研究論文

SNPedia (SNPsの研究論文)

www.snpedia.com/index.php/SNPedia

SNPedia(アルツハイマー病関連SNPs)

www.snpedia.com/index.php/Alzheimer%27s_disease

SNPediaに基づいた遺伝子解析レポート

Promethease
CODEGEN
LiveWello

メチレーション代謝解析

Dr. Amy Yasko
StrateGene

go.strategene.org/genetic-analysis

go.strategene.org/genetic-analysis

サプリメントガイド

NutraHacker

www.nutrahacker.com/

Translate »