PQQ(認知症・アルツハイマー)

PQQ / ピロロキノリン・キノロン

利用規約・免責事項 をお読みください。

PQQの認知症への効果

PQQの効能は非常に多岐にわたる。

αシヌクレイン、アミロイドβの凝集を防止する。

NMDA受容体の長期的な過剰活性を防ぎ、ニューロンを保護する。

水銀やヒドロキシドーパミンなどの神経に作用する毒素から保護する。(3型)

・PQQ20mgはCRPとIL-6を有意に減少、酸化ストレスを減らす。(1型)

CREB、PGC-1aの活性によりミトコンドリアの生合成を増加させる。

・CREBはミトコンドリアを成長させ、BDNFを増加させる。

PI3K/Aktシグナルを活性し、神経成長因子、シュワン細胞を増加、記憶機能を改善させる。

インスリン抵抗性を低下させる(1.5型)

臨床研究

プラセボ二重盲検、PQQを投与された被験者の右前頭前皮質における局所血流が有意に増加。前頭前皮質の絶対組織酸素飽和度(SpO2)が有意に減少。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27526146

摂取方法

一日一錠10~20mg 朝食後、または運動前がおすすめ。

ライフエクステンションに記載の研究では、コエンザイムQ10 200mgとの組み合わせが推奨されている。

サプリメント

クオリティーオブライフ研究所 PQQ /ピロロキノリンキノン(徐放剤) 20 mg 30カプセル 

通常は一日一錠でOK、朝、又は活動前

睡眠時無呼吸症候群、睡眠に障害がある場合は寝る前に摂取。

Translate »