認知機能改善効果をもつキノコ

キノコ・マッシュルーム(認知症・アルツハイマー)

ヤマブシタケ(ライオンズメーン)/Hericium erinaceum

「lions mane」の画像検索結果

作用機序

(学名:Hericium erinaceum)
・血清および視床下部のアセチルコリン、アセチルコリンを賛成する酵素(コリンアセチルトランスフェラーゼ)の両方の濃度を高める。

・空間的な短期記憶、視覚的認識記憶の喪失を防ぐ。

・アミロイドβプラークの集積を減少させる。

・NGFの産生を促進しproNGFの比率を正常化


・TNF-α、IL-1β、NF-κB、IL-6、IL-8、MMP9を減少させる。

・IL-10、IL-12、NK細胞、IFN-γ、を増やす

・HSP70、PPARα、を増やす。

研究

プラセボ二重盲検 軽度認知症障害患者へヤマブシタケ乾燥粉末1gを一日3回摂取 認知機能スケールスコアが有意に増加、

onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ptr.2634/full


ヤマブシタケは概日リズムにも影響を及ぼす(回復させる)可能性があるため、朝を中心に摂取にしたほうが良いかもしれない。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27544998

サプリメント

Fungiology ヘリシウムエリナセウス (ライオンズメーン) 600mg 90カプセル

一日3~5錠

高価格、レビューの評判が高い

マッシュルームウィズダム スーパーライオンズメーン 1100mg 120 錠

一日3~4錠

霊芝 Ganoderma lucidum(真菌類)

「Ganoderma lucidum」の画像検索結果

<研究>

用量依存的にアミロイドβのカスパーゼ切断活性と拮抗

c-Jun N末端キナーゼ、c-Jun、p38 MAPキナーゼが霊芝によって緩和

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18083148

※iHerbでも取り扱いがあるが、信憑性不明のため記載を見送る。

ブナハリタケ/Mycoleptodonoides aitchisonii

「Mycoleptodonoides aitchisonii usa」の画像検索結果

ラットの大脳皮質および海馬でのNGF合成を高める。

大脳皮質の脳虚血による損傷後のドーパミン作動性ニューロン、セロトニン作動性ニューロンの活性の低下を抑制。Nrf2を活性、アルツハイマー病の予防に寄与する可能性がある。

www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/15682931/

キヌガサタケ/Dictyophora indusiata

「Dictyophora indusiata」の画像検索結果

中国料理と中国医学で用いられる食用キノコ

アストログリア細胞によるNGF合成の促進

培養PC12細胞におけるニューロフィラメントM発現のアップレギュレート

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9272967

シロキクラゲ/Tremella fuciformis

「Tremella fuciformis usa」の画像検索結果

ラットの神経突起伸長を促進し、記憶障害をを有意に改善、海馬CA1領域のCREBニューロンを有意に増加させた。前頭葉のグルコース取り込みが7倍に増加。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22185695

Tremella fuciformisは用量依存的にPC12細胞の分化を促す。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3763079/

ナラタケ/Armillaria mellea

「Armillaria mellea usa」の画像検索結果

マウス大脳皮質の鉄誘導性神経毒性に対して神経保護効果を示す。

A. mellea菌糸体多糖類(AMPS)は、グルタミン誘導神経毒性を防ぎ、ADマウスのアルツハイマー病症状を緩和する。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5610814/

Translate »