MTHFRについて 検査・対処方法など

MTHFR遺伝子(C677T,A1298C) 認知症・アルツハイマー

免責事項をお読みください。

概要

MTHFRとはmethylenetetrahydrofolate reductase = メチレンテトラヒドロ葉酸還元酵素の英語を頭文字で表したもの。

5,10メチレンTHFを5メチルTHFに変換する際に必要となる酵素。

※MTHFRは通常酵素を指すが、遺伝子を意味する場合もある。

MTHFRは体内の重要な酵素で、DNAを修復し、遺伝子のスイッチをオンにしたりオフにしたりする代謝プロセス。DNAのメチル化回路に関わる。

画像、イラストなどを保持する外部ファイルオブジェクト名はnutrients-08-00803-g001.jpgです。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27973419

DNAメチル化回路の主な役割

・解毒作用

・免疫機能

・DNAの発現

・エネルギー産生

・気分、情緒の安定

・炎症コントロール

DNAメチル化の機能低下と関連する慢性疾患

・循環器疾患

・癌

・糖尿病

・神経疾患

・自閉症、他のスペクトル障害

・慢性疲労症候群

・アルツハイマー病

・妊娠中の流産、その他妊娠に関わる問題

・アレルギー、免疫系、消化器系の問題

・精神障害

・老化

葉酸代謝・メチオニン代謝へ影響をおよぼす要因

画像、イラストなどを保持する外部ファイルオブジェクト名は栄養素-08-00803-g002.jpg
 

代表的なMTHFR遺伝子

ヒトのMTHFR遺伝子は30種類以上が存在すると研究者によって推定されている。

もっとも研究されているMTHFR遺伝子は、

・C677T

・A1298C

のふたつ

MTHFR突然変異には突然変異対立遺伝子が一つあるヘテロ接合型と、

突然変異対立遺伝子2つのコピーがあるホモ接合型がある。

※ヘテロは異なる、ホモは同じ、という意味

677

C677Tの対立遺伝子はCとTであり、これらが異なるとヘテロ接合型と呼ばれる。

・MTHFR遺伝子正常 C(シトシン)

・MTHFR突然変異/多型 T(チミン)

・MTHFR C677T = ヘテロ接合型(1つの変異)

メチル化効率は60~70%に低下する。

・MTHFR C677T = ホモ接合型(2つの変異)

メチル化効率は10~20%に落ちる。より重篤性が高い。

※C677Tはホモ接合型C677Tと呼ばれるが、実際はT677Tを意味する。

MTHFR遺伝子変異の人口比率

MTHFR遺伝子変異の人口比率は地域によって異なる。

MTHFR C677T = ヘテロ接合型(1つの変異)

MTHFR遺伝子の変異はレアな問題ではなく、ヘテロ接合型、ホモ接合型のどちらか、つまり1つ以上の変異がある人はアジアでは人口の40~60%、二人に一人は該当する。

MTHFR C677T = ホモ接合型(2つの変異)

ただ、より重篤性をもつホモ接合型(二つ以上の変異がある)はアジアでは人口の約1割。地域差が大きい。

MTHFR 認知症関連の研究

MTHFR 677

MTHFR 677 と MTHFR 1298は、アルツハイマー病、血管性認知症の病因として重要な役割をもつ。

回帰分析では、C677TおよびA1298C対立遺伝子のホモ接合では、アルツハイマー病発症確率が2.5倍、血管性認知症発症率は3.7倍に増加。

A1298Cのヘテロ接合、またはホモ接合のみでは、血管性認知症発症率は2.2倍増加したがアルツハイマー病発症率のリスクは増加しなかった。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22015309?dopt=Abstract


アルツハイマー病症例において677T突然変異多型は対照群と比べ3倍高い。

T/T多型(11.6%)の患者では重度のアルツハイマー病症例が最も多かった。

アルツハイマー病リスクへのMTHFR多型の影響は、ホモシステイン、ビタミンB12、コレステロールレベルとは無関係である可能性がある。

MTHFR多型は高感度マーカーとして高システイン血症に寄与する。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24223459


MTHFR C677T多型はアルツハイマー病の増加したリスクと関連している

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26820674


メタアナリシス MTHFR C677T多型とアルツハイマー病の関連性はアジア人の集団で有意な関連が認められたが、白人集団では見られなかった。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21663380

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20600372

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27382194


アルツハイマー病感受性へのMTHFR C677T多型の影響は、大気汚染のレベルによって上昇する。

図2

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28085050

 

MTHFR 1298

A1298Cのホモ接合およびヘテロ多型は、高齢者の高いアルツハイマー病有病率(92.5%)を示した。MTHFRはマーカー候補となりえる

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26401555


メタアナリシス A1298C変異型はアルツハイマー病リスクと関連しない可能性

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28281392

その他の遺伝子

rs1801133およびPICALM rs3851179の多型がアルツハイマー病の病因に関与する。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25359311


TCN2 776C→G多型は、アルツハイマー型認知症と負の関連

ビタミンB12の利用能を変える可能性がある。

MTHFR1298AA遺伝子型患者に対する保護的役割を示唆する。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25395544

検査と治療

MTHFR遺伝子検査

23andMe

「23andME」の画像検索結果

輸入代行を使わなければならないが、多くの遺伝子検査が可能なためトータルではコストを抑えられる。

www.23andme.com/

その他の遺伝子検査会社

www.ancestry.com/

国内ではおそらくMTHFR677のみの検査が可能

 葉酸代謝遺伝子検査キット 【口腔粘膜専用】(国内)

 
 
 

MTHFR多型への対処法

MTHFR多型への対処法は確立されているわけではなく、MTHFRを専門とするドクターによっても治療プロトコルはいくらか異なるようだ。

またメチレーション回路、その他の回路はMTHFR遺伝子以外の多くの遺伝子や、食事、ライフスタイルといった影響も受けるため、MTHFR検査で多型が分かったからといって自動的に決まった対処法が導き出されるわけでもない。

ReCODEプロトコルでもMTHFR遺伝子は推奨される検査項目としてあげられているが、一般的にMTHFR遺伝子突多型の患者への治療として用いられる活性型ビタミンB12、B6葉酸は、血液中のB12、B6、葉酸、ホモシステインなどの測定から実際の投与、投与量などが判断される。

アルツハイマー病の専門家ではないがMTHFRの専門家ベン・リンチ博士の基本プロトコルを紹介しておく。管理人のプロトコルも参考にさせてもらっている。

mthfr.net/

seekinghealth.org/

ikashika.org/mthrfnet/

管理人のプロトコル

MTHFR遺伝子変異が一つの場合(ヘテロ接合型)

変異が一つあっても65%の葉酸代謝能力は維持されるため、当サイトで紹介しているReCODEプロトコルの内容を実行していれば、不足分はカバーできるので、新たに改善策や対処法などを加える必要はない。

MTHFR遺伝子変異が二つである場合(ホモ接合型)

・ReCODEプロトコルの基本内容が確実に実行されていれば、二つの遺伝子変異への対応はすでに7~8割は行われている。

・毒性の感受性リスクが高いため、毒性曝露を食事、環境から除去する必要性がより強く求められる。

・ビタミンBコンプレックスの代わりに以下のビタミンB製剤を用いる。

ソーンリサーチ メチルガード 180カプセル 2ヶ月分

一日1~半錠から初めて様子を見ながら、3日ごとに半錠ずつ増やしていく。

すでに当サイトで紹介しているビタミンBコンプレックスなどを摂取しているユーザーなら2錠あたりから始めてもいいかもしれない。

一日3錠まで増やしてキープ。

さらに増やすべきかは血清のB12、B6、葉酸、ホモシステイン値をチェックして判断。

・MTHFR多型であるのみならず、実際にメチル化機能低下に伴う慢性疾患を発症している場合はSAM-eの摂取を推奨。

ドクターズベスト SAM-e 200mg 腸溶性60錠

ドクターズベスト SAM-e 400mg 腸溶性60錠

冷蔵庫保管、一日2回

・ビタミンCが大量にあるとメチルコバラミンが破壊されてしまうため、ビタミンCの一回の摂取量を500mg以下に抑える。

過剰なメチル葉酸で起こりうる副作用

・頭痛

・発疹

・過敏症

・不安

・関節痛

・筋肉痛

・不眠症

・うつ病

副作用が生じた場合は、メチル葉酸の摂取量を減らす必要がある。

または、100mgのナイアシンを摂取してみる。

※ナイアシンを摂取すると過剰なメチル基がナイアシンと結合して、副作用を低下させる可能性がある

感染症、ライム病を有する人がMTHF、B12を用いたメチレーション療法を行うと状況が悪化する可能性がある。

Translate »