若年性アルツハイマー病の記録(動画)

若年性アルツハイマー病の記録

”アルツハイマー病は「長い別れ」として知られている。”

”私たちの人生を一緒に共有してください。”

”私たちは1990年11月14日にニューヨークのレストランで出会いました。”

”1992年12月にロックフェラー・プラザのアイススケート場で、私は彼女にプロポーズをしました。”

”そして、ニューヨークからポートランドへ引越ししました。”

”彼女は「はい」と言ってくれて、1993年に私たちは結婚しました。”

”私たちは3人一緒に人生をスタートしました。”

”神が一緒になることを祝福してくれたのです。”

テレビのインタビュー

インタビューアー

「アルツハイマー病だと伝えられた時のことを覚えていますか?43歳の時だったと聞いていますが、何があなたの心に起こりましたか?どうそれに対応しようとしましたか?」

クリス

「私は常に闘う人でした。なので私の性格が大きく助けてくれたと思います。難しい仕事をいくつも抱えていたので、仕事をある時期までこなしていました。」

インタビューアー

「あなたの母も妹もアルツハイマー病だったのですよね?48歳で亡くなられた?」

クリス

「…いえ、彼女が亡くなったのは、、49歳」

靴を履く

クリスは何かがおかしいと気づきだすが、それが何だかわからない。

彼女は反対のシューズを履こうとする。

キッチンにて

夫   「ジュース飲みたい?」

クリス 「ええ」

夫   「注いでくれない?」

クリス 「ええ」

夫   「ジュースを一杯くれる?」

クリス 「ええ」キッチンの戸棚を開けようとする。

”クリスの新しい家”

”彼女と彼女の人生の情報”

”彼女の最後のダンス”

”単に忘れるのではなく、多くの行動が変わってしまう。

例えば、彼女は毎日家の中を靴を履かずに16kmも歩く。”

ハグを忘れる

”この病気の驚くべきことは短い記憶を失ってしまうことにある。

クリスはぼくとハグした後に歩いて離れていく、そしてたった数秒後、ぼくがここにいることに驚く。”

鏡の前で

夫   「何をしているんだい」

クリス 「ビビビラビ、ビビビブブブラ、ワゥェーイ、ワゥェーイ」

夫   「いい日をすごしているかい」

クリス 「ええ、今がそうよ」

”一年経たないうちに…歩くのに手伝いが必要になってくる。”

夫「ハグしてもいい?」

クリス「ええ」

夫「僕が誰だかわかる?」

クリス「……」

夫「今日はこれぐらいで… 愛してるよ」

クリス「愛してる、愛してる」

夫「良かった。」

Translate »