リチウム(認知症・アルツハイマー)

リチウム (認知症・アルツハイマー)

利用規約・免責事項 をお読みください。

概要

リチウムというとリチウムイオン電池を思い浮かべる人が多いかもしれない。
 
しかし、ごく微量には動物の体内にも存在し、いくつかの酵素、ホルモン、ビタミン代謝、成長因子とも相互に多彩に関連しているが、詳しくは解明されていない。
躁うつ病治療

1949年にオーストラリアの医学者ジョン・ケイドによって、炭酸リチウムが躁病に効果があることが発見された。

抗躁薬としての作用機序は、神経伝達物質の伝達への影響や脂質代謝の抑制が考えられているがこれらもよくわかっていない。

治療で用いられるリチウム投与の有効領域は狭く、中毒となる上限値が低いため血中濃度を定期的に確認しながら用いられる必要がある。

暫定的なRDA摂取量 1mg/日

腎不全、心不全、妊娠初期の患者に対しては禁忌

自殺率を低下させる

リチウムの一般的な摂取源は湧き水、穀類、野菜。

地域によって飲料水に含まれるリチウム濃度の差が大きい。

そのため、リチウムの少ない地域では自殺率が有意に高いという研究報告もある!

逆浸透膜浄水器(強力に不純物を除去する浄水器)などを使った水や、その水によって作られた食品ばかりを食べていると、リチウム不足になる可能性がある。

画像、イラストなどを保持する外部ファイル。オブジェクト名はcn-2014-000309_0002.jpgです。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4063497/

リチウムの重要な標的

GSK-3β (グリコーゲンシンターゼキナーゼ-3β)

IMP (イノシトールモノホスファターゼ)

Akt (Akt /β-アレスチン2)

リチウムはGSK-3α、βの両者を直接的、間接的に阻害する。

Bcl-2をアップレギュレートし、グルタミン産誘導のp53、Baxを抑制。

リチウムは二価のマグネシウムの補因子として、広範囲の酵素を阻害することができる。

リチウムのオートファジー誘導は、IMPaseの阻害による。

アルツハイマー病のGSK仮説

GSK-3βの阻害が、リチウムの主要なアルツハイマー神経保護効果

リチウムの神経保護効果

リチウムの神経保護効果が発揮するには、BDNFの発現が必要!

リチウム自体にもBDNF増強作用があるが、BDNFをノックアウトしたマウスではリチウムを投与しても神経保護効果は見られなかった。

リチウムの神経保護効果はHSP70、Bcl-2のアップレギュレーション、p53のダウンレギュレーションによってもたらされている可能性が高い。

画像、イラストなどを保持する外部ファイル。オブジェクト名はfnmol-04-00015-g003.jpgです。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3073119/#b61

研究

GSK-3阻害剤、BDNF、NT-3を合成、放出の促進、神経新生の強力な刺激効果

www.greatplainslaboratory.com/articles-1/2016/2/22/lithium-the-cinderella-story-about-a-mineral-that-may-prevent-alzheimers-disease

認知症関連研究

リチウムを投与されていた人は、有意に認知症発症率が低かった。

リチウムは脳梗塞容積、カスパーゼ3活性、アポトーシス細胞を減少させる。

GSK-3αのAPPのプロセシング関与し、阻害することでアミロイドβ産生を減少させる。


二重盲検ランダム化試験 軽度の認知障害をもつ高齢者の認知能力が低用量のリチウムで改善された。

脳脊髄液内のタウ減少が認知症の注意喚起課題の良いスコアと有意に関連していた。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21525519


メタ分析 アルツハイマー病患者へのリチウム使用 プラセボ群と比べ認知低下を有意に減少

content.iospress.com/articles/journal-of-alzheimers-disease/jad150437


リチウムを軽度アルツハイマー病患者へマイクロドース投与(300μg=0.3mg)

対照群と比べて投与後3ヶ月後にMMSEスコアに有意差が生じ徐々に増加していった。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22746245

摂取量

低用量、高用量で効果が変わるリチウム

・高用量リチウム(約2mM)

mTORを活性化して、オートファジーをダウンレギュレートする。

・低用量リチウム(約0.8mM)

IMPase阻害、オートファジーをアップレギュレートする。

臨床研究から推定される推奨維持量は0.3mg~1mgあたり。

空腹時または夕食後、リンク先のサプリメントは5mgのため5~15分割して摂取。

サプリメント

オロチン酸リチウムだけでなく、脳細胞の成長を促進するコロストリニン/Colostrininも含まれる。

 
 
双極性障害で投与される通常量(5mg)は、アルツハイマー病患者には過剰
そのため下記製品は約10分割する必要がある。(その分低価格)

KAL オロチン酸リチウム 5 mg 60カプセル

Translate »