水素水(認知症・アルツハイマー)

水素水

「hydrogen water」の画像検索結果

水素水の摂取は連続的な摂取よりも、一定の濃い水素濃度を含む水を飲むことで影響をよぼす可能性がある。

臨床研究

低酸素性虚血性脳症の新生児に5ml/kgの水素水を10日間投与、血性NSE(ニューロン特異エノラーゼ)、IL-6、TNF-αのレベルを低下させた。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28352827


商用水素水と牛乳の摂取による水素濃度変化の比較

呼気の水素は水素水(0.6mM)摂取で2~9ppm、牛乳は約8時間後に164ppmに上昇。

画像、イラストなどを保持する外部ファイル。オブジェクト名はbmi-2009-027f3.jpgです。

大腸発酵による水素は、市販の食物繊維、大豆粉、イヌリン、多数の野菜、果実および全粒粉のオリゴフルクトースなどの多数の消化できない食品を牛乳にくわえることで生成される。

水素生成は通常の腸内細菌叢であれば、毎日の食事によって自然に引き起こされる。

ミルク不耐性の被験者では、そうではない被験者と比べて呼気の水素濃度の上昇は持続しなかった。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19652760


ランダム化二重盲検 パーキンソン病患者への投与 5mM水素水500ccを一日2回

結果はまだ出ていない

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4865993/


水素水をうがいに使うと、口腔内の連鎖球菌形成を減少させる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28087297

動物研究

水素水の連続投与または乳糖摂取による腸内細菌生成の水素では、限定的な効果しかなかったが、(継続的ではなく)断続的に水素水を飲ませることで、ラットのパーキンソン病を予防効果を示した。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22608009


水素水の経口投与は、マウスのセロトニンレベルの低下を防止した。

10週間の水素水投与でマウスの海馬領域CA1、CA3のニューロン損失を防止した。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2872234/


水素水がグレリンをアップレギュレートさせる。グレリンは食欲の刺激を与える以外にも、神経保護効果、認知増強活性効果をもつ。

しかしグレリンのアップレギュレートはがんリスクの上昇も懸念させる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25649854


水素水は急性の外傷性脳損傷への有効で害のない治療法

マウスへの水素水投与は、外傷性脳損傷、脳卒中、および低酸素症によって生じるAQP-4、HIF-1およびMMPの発現および機能の変化を半分にまで減少、病理学的タウの発現を完全に遮断。

水素水が浮腫およびBBBの破壊を防御する。

水素水がミトコンドリアATP産生を促進する可能性。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25251220

Translate »