HGF 肝細胞増殖因子

HGF Hepatocyte growth factor food 肝細胞増殖因子

HGFの概要

肝臓を保護再生する幹細胞増殖因子として発見

肝細胞だけではなく、脳をふくむあらゆる脳を臓器で発現

DHA合成を刺激し、細胞移動および形態形成を促進するヘパリン結合ポリペプチドである。

細胞増殖促進、細胞運動促進、抗アポトーシス、血管新生等

c-Met受容体経由

HGFは炎症を抑えニューロンを保護する働きを持っている。

HGFは中枢神経系を構成するニューロンとグリア細胞の療法に対して働きかける。

神経栄養因子として働きかけ、ニューロンが死なないように生存を維持するという働きを持っている。

HGF増加 → グリア細胞を保護 → グリア細胞がグルタミン酸をグルタミンに変えて無毒化

研究
アルツハイマー病のシナプス可塑性における肝細胞増殖因子

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20305987

HGFは老人斑の周辺でアップレギュレートされる。βアミロイド沈着は、HGFシグナル伝達経路を通した星状細胞症と関連している可能性がある。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24444253

HGFのc-Met受容体を活性化することにより、ニューロンを含む広範囲の細胞損傷に対して保護効果をもつ。

最近開発されたアンギオテンシン類似体であるN-ヘキサン酸-Tyr-Ile、アミノヘキサンアミド(Dihexa)によって刺激するkとおで、樹状突起形成およびシナプス形成を誘導することが示されている。

この小分子は、プロトタイプの分子Nle1-アンギオテンシンIV由来であり、AD動物モデルにおいて、機能的シナプス結合の新規形成を促し、記憶強化を促進に有望であることが示されている。Dihexaは、経口投与が可能であり、血液脳関門を通過する。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25649658

HGFを増加

サイトカイン IL-1、TNF-α

フコイダン

プラセンタ

ミルクシスル

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4539063/

Translate »