グリシン(認知症・アルツハイマー)

グリシン

免責事項をお読みください。

概要

グリシン自体が、GABAやアグマチンに類似したシグナル伝達系を有する神経伝達物質。抑制性であり、GABA作動性システムと協調して働く。

海馬にはグリシン受容体が発現しており、ニューロンの興奮に対して抑制効果をもつ。グリシンは海馬を介したシグナル伝達に関与しており、グリシン作動系とグルタミン作動系の両方に関与する。

研究

ラットモデルでは、グリシン摂取により、体内温度が低下し、血管の拡張が増加することでラットの睡眠を改善した。


女性の被験者に就寝前にグリシンを3g摂取してもらうと、主観的報告では、翌日の朝の疲労をプラセボ群よりも軽減する。

グリシンは、レム睡眠ノンレム睡眠のバランスに影響を与えない。

翌朝の主観的な疲労軽減効果は三日後にはなくなってしまう。

しかし、 反応時間や記憶力などを調べるpsychomotor vigilance テストのパフォーマンスの改善は一貫して続いた。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22529837

Life Extension, グリシン(Glycine), 1,000 mg, 100粒(ベジタリアンカプセル)

サプリメント

ライフエクステンション グリシン1g 100カプセル

アミノ酸 グリシン100%  1kg パウダー

寝る前に3g摂取

鉄分、鉄を多く含む食事とは同時に摂取しない。

Translate »