認知症のタイプによる凝集体の違いと蓄積部位

フォーラム 認知症掲示板(質問・お知らせ・体験談など) 認知症のタイプによる凝集体の違いと蓄積部位

このトピックには2件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。1 ヶ月、 2 週間前アルハカ アルハカ さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #10608 返信
    アルハカ
    アルハカキーマスター

    https://www.nature.com/articles/npjamd20153

     

    わかりやすかったので貼ってみました。

    組織病理学的特徴

    Aβ アミロイドβ

    pTau リン酸化タウ

    αSyn αシヌクレイン

    TDP43 前頭側頭葉型認知症cで認められる神経毒性をもつタンパク質

     

    b アルツハイマー

    c 前頭側頭葉型認知症

    d レビー小体型認知症

    e 海馬硬化症

     

  • #10777 返信
    musicayorozu
    musicayorozu参加者

    かなりこの図を凝視していました・・・

    主人の場合 前頭・側頭の症状がある Ⅲ型アルツハイマー病という理解でここまで来ましたが もしも 前頭側頭型だとしたら 凝集体ちがうんですよね。

    しかし するべきことは同じな気がします。どうでしょう?・・・TDP43対策というものはあるんでしょうか?

  • #10794 返信
    アルハカ
    アルハカキーマスター

    ReCODEプロトコルの3型は病理組織による区分ではないので、その診断を元に沈着した神経毒性タンパク質が何かということを推定することはできません。

    TDP-43は調べたことがないのでわかりませんが、調べてみますね。

     

返信先: 認知症のタイプによる凝集体の違いと蓄積部位
あなたの情報:




Translate »