最初になにからはじめよう(こぶたさんの場合)

フォーラム 一般公開掲示板 最初になにからはじめよう(こぶたさんの場合)

このトピックには18件の返信が含まれ、6人の参加者がいます。3 ヶ月、 3 週間前アルハカ アルハカ さんが最後の更新を行いました。

14件の投稿を表示中 - 1 - 14件目 (全19件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #16339 返信

    kurosawa
    参加者

    こぶたさんとの会話はこちらで行いましょうか。こんにちは、黒澤です。改めましてどうぞよろしく。

    私の母はおそらく1.5型です。

    ヨロズさんは京都在住。3型のご主人がいらっしゃいます。仲良し夫婦…だよね?

    #16348 返信
    musicayorozu
    musicayorozu
    参加者

    おほほほ 仲良しかしら?二人三脚ではありますが・・・(彼が家事やってくれなきゃ成り立たない)

    こぶたさん、ようこそです!こうやってトピックたてるの、すごくいいね。

    とりあえず7月オフ会のお知らせ貼っときました。ちえぞうさん、Akiさんほか YOROZUサポーターさんご参加の予定です。

    7月7日京都オフ会

    よろしかったらどうぞ~

     

    #16410 返信

    kobuta
    参加者

    こぶたです。

    くろさわ様、ありがとうございます。

    今、悩んでいることは、サプリと検査についてです。まずサプリですが、アルハカ様の掲示板を拝見しましたが、必要なものが何かを適切に判断することは難しく、何もできていません。次に検査ですが、ネットで検索しても関西でリコード法に理解のある病院が見つかりません。この掲示板をご覧になっている関西の方は、検査をどのようになされているのでしょうか。ご教示お願いいたします。

     

    #16418 返信
    アルハカ
    アルハカ
    キーマスター

    こぶたさま。こんにちは。アルハカです。

    まず、検査ですが、リコード法の検査といった形でネット検索を行っても、なかなか病院は見つからないと思います。

    まず、いったん「栄養療法」「オーソモレキュラー」あたりで、探してみてそこで直接リコード法に沿った検査を行うことができないか聞いてみてはどうでしょうか。

    リコード法そのものを知っていない場合も多いと思いますので、そういう場合ではリコード法に記載の検査項目を直接聞いてみるといいのではないかと思います。

    #16506 返信

    kurosawa
    参加者

    <p style=”text-align: left;”>こぶたさん。こんばんは。</p>
    黒澤です。その後いかがお過ごしですか?

    アルハカさんの検索ワードで探されました?何か見つかっていますように。

    #16768 返信

    kobuta
    参加者

    こぶたです。

    アルハカ様のブログと黒澤様のスタートアップサプリメントを参考にしながら、サプリメントを注文しているところですが、わからない点があり質問いたします。「copコリン シチコリン」は、今年から医師の処方箋がないと個人輸入できないとのことですが、代わりにα―GPCとウリジンを摂取すればよいのでしょうか。次に、EPA・DHA及びイチョウ葉抽出物は、プレタールとバイアスピリンを服用している場合、摂取を控えた方がよいのでしょうか。主治医は標準療法にもとづいた治療をされる方です。リコード法については相談しないつもりです。糖尿病を患っているので、1.5型でないかと推測しています。2年半ほど前に服薬の管理が急にできなくなりました。以来悪化の一途です。大声で騒いだり、同じことを繰り返し質問することはありませんでした。初期ではない場合に摂取が特に望まれるサプリメントがありましたら、それについてもお教えいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

     

    #16772 返信

    kobuta
    参加者

    こぶたです。

    食事についての質問です。もともと1食500キロカロリー弱で食べさせていました。内訳は、ごはんやパンなどの炭水化物が265キロカロリー、魚や肉などのたんぱく質が120キロカロリー、野菜が30キロカロリー、残りが油、果物、乳製品や調味料です。

    リコード法をはじめてからは(かなり不完全ですが)、炭水化物については、小麦類がよくないのでパンやうどんを基本的にやめて、ごはんとさつまいもを交互に出しています。ただ、量は265キロカロリーのままです。

    リコード法の食事は、低炭水化物が基本となっていますが、具体的に何カロリーまで炭水化物がOKなのかがわかりません。また、減らした分については、何から摂ればよいのでしょうか。脂質を増やすのでしょうか、それともたんぱく質でしょうか。皆様はどのようになされていますか。

     

    #16797 返信
    アルハカ
    アルハカ
    キーマスター

    法律で禁止されているものを輸入できますよとは言えませんが、IHERBで購入そのものはできるため輸入禁止後もCDPコリンを購入されている方もいらっしゃるようです。

    見つかれば税関で没収はされると思います。

     

    成分的にはCDPコリンにαGPCとウリジンが含まれているため、それらで代用が可能です。

    ただ、摂取量の調整が少し難しくなるのと、摂取量が増える分費用も上がると思います。

     

    リコード法ではEPA・DHAを摂取して、むしろアスピリンなどの抗血小板薬を摂取しないよう推奨されています。

    お医者さんの処方だと思いますので、それをぼくがどうこう言えませんが、EPA・DHAは抗血小板作用以外の効能が広く、また摂取量も食事からの推奨摂取量の範囲内ですので、それによって大きな問題が生じるとは考えにくいです。

     

    アスピリン、プレタール両方を摂取しているのであれば、イチョウ葉は止めておいたほうがいいかもしれません。

    抗血液凝固作用をもつサプリメント、薬は血管の脆弱性や、アミロイド蓄積にも依存します。

    脆い血管壁である場合に血流が過剰にサラサラですと脳出血を起こしやすく、また起こした時に止まらない可能性もあります。

     

    しかし、例えばすでに血管を強くする食生活、運動を行っていたり、EPA・DHAの摂取もそうですが、そういった血管の健康が保たれている状態であれば、少々血流の流れが良すぎてもさほど心配しなくていいのかなとも思います

     

    初期を過ぎた方ですと、優先順位としてはまずサプリメントよりも検査で可能な限り障害箇所の穴を把握し、それに応じた対策をとることです。

    1.5型というのはあくまで大きな枠の判断で、実際にはもっと細かい検査と障害要因を特定していかなければならないからです。

    1.5型の人で、よくよく調べると3型とも関係していたというケースは少なくない印象をもっています。

     

    1.5型のサプリメントに関して言えば、シナモン、クロム、メトホルミン、ベルベリンといったサプリメントがより重要性を持ってくると思いますが、今、スタートアップサプリメントを改定中ですので、少々お待ちいただければと思います。

    #16798 返信
    アルハカ
    アルハカ
    キーマスター

    一般的には炭水化物を一日100g以内に、人によっては30~50gでないとマイルドケトーシスに達さない人もいるようです。

    カロリーでいうと120~400kcalと幅があります。

    しかしリコード法では、具体的に何カロリーまでの炭水化物ならOKというのは明確にはありません。

    というのも、リコード法ではマイルドケトーシスを目指すことが目標で、どの程度の炭水化物摂取ならマイルドケトーシスに達するかは、人によって異なるからです。

    ですので、ケトン値を測るケトンメータ(と簡易血糖値計測器具も)で計測したうえで、糖質の摂取量を決められることを強く推奨します。

     

    実際、多くの人は炭水化物を制限してもケトーシスに達していない方が多いようです。ぼくの母も、できているつもりで実際にはかってみると、思ったほどにはできていませんでした。(一日のうちの空腹時間しかマイルドケトーシスに達していなかった)

    あと、急激な糖質制限ダイエットは注意が必要で、記事に少しまとめていますので、よかったら参考にしてください。

    増やすべき脂質についても書いてあります。

    http://alzhacker.com/notes-on-carbohydrate-restriction/

    #16956 返信

    tama
    参加者

    初めましてtamaと申します。アルハカさんはじめ、皆さんの書かれた記事や投稿を読み、勉強したり励まされたりしております。

    書き込む場所を少し迷いましたが、こちらに書かせていただきますね。

    81歳の母が、初期の認知症(アルツハイマー)と診断されました。アリセプトは胃腸に耐えがたいほどの不調が起きたので、飲むのをやめてもらいました。

    リコード法を実践したいのですが、近くに実践医はおらず、母の主治医はサプリメントに全く理解がなく、私の主治医は栄養療法を行っていますが、認知症は扱っていないといわれてしまいました。そして東京のお医者さんに行く気は今のところない、と本人は言っています。

    運動や食事に気をつけるほか、せめていくつかサプリメントを取ってもらい、元気を出してもらいたいと思っています。

    とりあえず、ブレデセン博士の本の後書きに白澤先生が書かれていた、ビタミンB群とビタミンDを取り寄せようと思います。ほんとうはバコパとかヤマブシタケとかもっと色々飲んでほしいのですが、母は胃腸が弱く、ふだんの薬ですら「多くて大変」とこぼしていますので、サプリもはじめからあれこれ押し付けると拒否反応を起こされそうで…。

    それに、何を選んだら良いか決めかねて日々過ごしてしまった、というのが本当のところです。検査ができるといいのですが、現実的にすぐは無理なので仕方ありませんよね。

    ビタミン類がうまくいったら、様子をみてサプリの種類を増やしたいと思っています。もし何か注意点やアドバイスなどありましたら、どうか皆様よろしくお願いいたします。

    母の診断から二か月、寝ても覚めてもアルツハイマーとリコード法のことが頭から離れず、少し疲れてきました。でも同じようにがんばってらっしゃる方がいらっしゃるのが救いです。

    長々とすみません、ありがとうございました。

    #16963 返信
    アルハカ
    アルハカ
    キーマスター

    ”寝ても覚めてもアルツハイマーとリコード法のことが頭から離れず” ここに強く共感しました。(笑)

     

    一般論として言えることは、高齢者ですと2型が主要因である可能性が高いため、萎縮モードに傾いてしまっている可能性が高いとはいえます。

    萎縮モードというのは、脳に入り込む栄養因子が少ないために脳が消費を抑えるために節約モードに入ってしまっているとも言えます。

     

    逆にして考えれば、脳の神経細胞に栄養やホルモンを与えることで、「節約する必要はないんだよ」というメッセージを送ることで、脳の萎縮を防ぐことが可能になります。

    しかし、節約モードそのものが36以上もの要因によって傾いてしまっているので、そこへちょっと栄養を加えたからといってなかなか切り替えてはくれません。

     

    思い切った栄養因子の補充が必要なのですが、おっしゃるとおり高齢者の方どことから一般の方でも、なかなか生活そのものを大きく変えることには抵抗を感じたりすると思います。

    まず、今言ったような理解を本人にしてもらうことが大事だとは思いますが、最初は少しづつ改善策を充実させていくといった形で良いと思います。

    幸い高齢者の方は一般的には効果が現れるまでに時間がかかりますが、進行も遅いため、完璧なリコード法を一日も早くやらなければならないとまでは逼迫していません。

    大きく、リコード法は、運動、睡眠、食事、サプリメント、認知活動にわかれます。

    ですので、本人に選んでもらって、例えば一ヶ月間食事に取り組んで見る、次の一ヶ月で睡眠に取り組んで見るといった進め方でも良いと思います。

     

    サプリメントからスタートする方法は必ずしもリコード法で推奨されている方法ではなく、ぼく個人の体験からのバイアスも入っています。

    が、効果を見せやすいのも事実です。であるがゆえに、そこで満足してしまう可能性もあるのでそこを心配しています。

    検査を行うことで、必要なサプリメントそうでないサプリメントをより詳細に区別できるため、減らすことができます。

    ブレデセン博士も述べているように、検査はやはり肝なので、完全ではなくとも、半分はなんとかクリアしたいところです。

     

    リコード法は大きな幹と枝の部分があって、どちらも詰めていく必要があり、難しいと思われるゆえんなのですが、そういった方のためにリコード部というリコード法を行うグループ活動を活発に行っています。

    ぜひともご参加ください。

    もちろん、こちらの掲示板で質問いただいても構いません。

    https://www.facebook.com/recodeprotocol/

     

    #17006 返信

    tama

    アルハカ様  さっそくの暖かいお返事をありがとうございました。萎縮のお話、なるほどと思いました。 アドバイスをいただいたように、できることからひとつずつ、集中してやっていきたいと思います。

    父が趣味のパン作りを生きがいにしており、両親そろって嬉々としてジャムを塗って食べています。 急にやめてといっても無理なので、とりあえず私がグルテンフリー生活を送ってみております。(苦笑) 少しずつ、パンの量を減らすよう説得していきたいです。食事の内容・食べ方も、「なぜこれが体にいいのか、必要なのか」を伝えるようにしていこうと思います。

    母がこの病気と診断されてから、私の中で身体や病気に対して、それに生活や人生に対する見方まで変わったように思います。

    実はリコード部、参加させていただいてます。書き込む勇気が出ず、読む一方ですが、皆さんの書きこみで勇気をいただいています。ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

     

    #17007 返信

    kurosawa
    参加者

    こんにちは、tamaさん、こぶたさん

     

    色々考えると疲れてしまうかもしれません。そしたら今夜、開催するリコード部雑談会にきて、他のメンバーの温度を知るのもまたなにかの足しになるかもしれません。参加する場合は、おしらせください。アルハカさん、そうしたらZoomの情報をお伝えしてください 😉

    #17027 返信

    tama

    kurosawa様、お返事ありがとうございました。ブログを読ませていただきました。交流会、楽しそうですね。わたくしはパソコンやネットの仕組みにも四苦八苦…、ゆっくりコツコツやっていきたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。

14件の投稿を表示中 - 1 - 14件目 (全19件中)
返信先: 最初になにからはじめよう(こぶたさんの場合)
あなたの情報:




Translate »