フォルスコリン(認知症・アルツハイマー)

フォルスコリン/Folskolin

免責事項をお読みください。

「forskolin」の画像検索結果

概要

Coleus forskohlii(コレウス フォルスコリ)

インドの伝統医学アーユルヴェーダで用いられるハーブ。

世間的には、脂肪を燃焼させる(ファットバーナー)として知られているが、実際の効能は、喘息の改善、骨密度の上昇、疲労軽減、眼内圧を低下、テストステロンを増加、HDLの増加等、多岐にわたる。

コリウスフォルスコリはロスマリン酸を含むため、アセチルコリンエステラーゼ阻害作用をもつ。

作用機序

植物コリウス フォルスコリの成分であるフォルスコリンは、細胞内のcAMP(サイクリックamp)を活性させる作用があり、インビボ、インビトロなどの研究でcAMP増加剤として、よく用いられている。

cAMPの活性は、脳内の特定の記憶を行う経路を活性化する。LTP(長期記憶増強)

神経修復を促進する効果があり、パーキンソン病、外傷などの神経変性疾患治療の補助剤としても研究がされている。

化学的にはレチノールのようなビタミンAと類似している。

アデノシンA2受容体の阻害(メチルキサンチン類など)は、フォルスコリンが神経細胞にcAMPを蓄積させる作用を増強する。特にカフェインは強力。

副作用

胃酸値を上昇する可能性があるため、胃潰瘍のある人は注意しなければならない。

コリウスフォルスコリによって増加するシトクロムp450は、ワーファリン作用を阻害する。

動物実験で、潜在的に肝臓へダメージを与える可能性がある。大量のデンプンを含む食事をとる場合に、もっとも有毒となる。

他の薬物と相互作用しやすい傾向があるため、併用摂取には注意する。

サプリメント

ライフエクステンション フォルスコリン 10mg 60カプセル

一般的な摂取量 一日 20mg 最大50mgまで (フォルスコリン)

Translate »