葉酸・5-MTHF(認知症・アルツハイマー)

葉酸(ビタミンB9)・ 5-メチルテトラヒドロ葉酸

利用規約・免責事項 をお読みください。

概要

葉酸は、ビタミンB9とも呼ばれる。

活性型葉酸と言われる5-メチルテトラヒドロ葉酸は、省略して5-MTHFと書かれる。

葉酸の主な役割

メチル化の寄与、核酸、アミノ酸の生合成、アミノ酸の変換、DNA/RNAの複製など

葉酸の効果(認知症)

・ホモシステイン濃度を下げる。(高用量摂取)

・血管機能の改善

葉酸の解毒作用 3型アルツハイマー

・フリーラジカルの消去活性、(一酸化窒素、ヒドロキシラジカル、MDAの抑制)

・砒素中毒の解毒 尿中のヒ素排出が促進

・肝臓の損傷を軽減

・葉酸摂取がグルタチオン、メチオニン濃度を上昇させる。

抗うつ作用

葉酸はセロトニンとドーパミンの合成にも関与しており、うつ病治療としての葉酸摂取には一定の役割がある模様。

フルオキセチンによる精神治療を受けている女性では、5mgの葉酸が1.5mgよりも有効。血中の葉酸濃度が低い女性に、より良い効果があるかもしれない。

活性型葉酸(5-MTHF) を摂取すべき理由

葉酸には、葉酸(folate)、葉酸塩(folic acid)、5-MTHF(L-methylfolate)の3つのタイプがある。

単に葉酸、またはfolateと書かれてあるものは、ドラッグストアなどで売られているもっとも一般的なタイプ。しかし葉酸(folate)を有効に利用するためには体内の中で葉酸、葉酸塩から5-MTHFに変換していく必要がある。

葉酸は一定量(400μg)を超えて摂取すると、5メチルテトラヒドロ葉酸(5-MTHF)を形成し、体内でS-アデノシルメチオニン(SAMe)を間接的に産生するようになる。

葉酸から5-MTHFへの変換が必要な酵素(MTHFR)を生成が低い遺伝的な変異を持つ人が多いため、大量の葉酸摂取はかえって害を及ぼす可能性がある。

大量の葉酸摂取を数千回繰り返しても即時には害は及ぼさないが、他のビタミンB大量摂取と異なり、高用量での摂取を続けるとガンのリスクを上昇させる。(特に高齢者の大腸癌)

5-MTHFの代謝物であるSAMeを摂取するという方法もあるのだが、SAMeが高価なサプリメントであり、また5-MTHFがより多くの経路で作用するため、一般的には5-MTHFが推奨されている。

MTHFR遺伝子に異常があるかどうかは、23andmeなどの遺伝子検査で調べる。

遺伝子変異(多型)

MTHFR C677T(rs1801133)のホモ変異(TT型)

MTHFR A1298C(rs1801131)

国内での検査

 葉酸(MTHFR C677T)代謝遺伝子検査キット 【口腔粘膜専用】

MTHFRについて 検査・対処法など(認知症・アルツハイマー)

サプリメント

ソーンリサーチ 5-MTHF(活性型葉酸) 1 mg 60 カプセル

ソーンリサーチ 5-MTHF(活性型葉酸) 5 mg 60 カプセル

リコード法

ホモシステイン濃度 6μmol/l以上の場合 一日 0.8mg~5mg

Translate »