エストラジオール:プロゲステロン比(認知症・アルツハイマー病)

E2:P4 

利用規約・免責事項 をお読みください。

関連記事

エストロゲン・エストラジオール

エストロゲンレベルを改善する20の方法

プロゲステロンの神経保護効果

エストラジオール:プロゲステロン比 E2/P4

バイオアイデンティカルホルモン補充療法(BHRT)

エストラジオールとプロゲステロン比率(E2:P4)

エストラジオールとプロゲステロンの目標比率

10:100 

比率計算サイト

www.omnicalculator.com/health/pg-e2-ratio

プロゲステロンの抑制効果

E2とP4は相互作用し、P4がE2の効果を弱める。

特にE2が低い時に、P4が過剰であるとエストロゲン受容体のダウンレギュレーションによりエストロゲン欠乏症を悪化させる可能性がある。

躁うつや無感動はプロゲステロン過剰を示唆しており、プロゲステロンとエストラジオール比率の適正化に注意が必要。

アルツハイマー病患者のE2/P4の高い比は「ブレインフォグ」「記憶機能の低下」と関連する。

同時投与によるミトコンドリア機能の低下

E2またはP4単独でエストロゲン枯渇ラットの脳ミトコンドリア機能を促進することが判明したが、E2およびP4を同時投与するとミトコンドリア機能が低下した。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18292191/

同時投与にによる認知機能の低下

エストロゲン単独は高齢の閉経後女性の認知に影響を与えなかったが、エストロゲンとプロゲストゲンの組み合わせは認知機能を損なうことが観察された。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10847257/

BDNF、NGF、NT3抑制

高齢の雌ラットにおいて、P4は、嗅内皮質におけるBDNF、NGFおよびNT3を含む神経栄養因子のE2媒介の増加作用をブロックする。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3511049/#R177

エストラジオールとプロゲステロンの組み合わせ効果

プロゲステロン単独、またはプロゲステロンとエストロゲンの組み合わせで投与した場合にのみ、マウスのタウ過剰リン酸化を有意に減少させた。

www.jneurosci.org/content/27/48/13357


E2とP4の組み合わせは、いずれかのホルモン単独投与と比較して、海馬神経細胞のグルタミン酸毒性に対する神経保護を強化した。in vitro

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11751611/

E2+P4のサイクル投与

E2とP4との間の相互作用に影響を及ぼす1つの重要なパラメータは、ホルモンが連続的にまたは循環的に送達されるかどうか

E2 + P4のサイクル投与が、E2 + P4連続投与レジメンよりも大幅にコリン作動性機能を改善することを見出した。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11113342/

Translate »