DHEA-S・DHEA(認知症・アルツハイマー)

DHEA-Sulfate・DHEA

デヒドロエピアンドロステロン-サルフェート(dehydroepiandrosterone-sulfate

概要

DHEAについては、他サイトで詳しく説明されているので省略する。

ja.wikipedia.org/デヒドロエピアンドロステロン

DHEA-SとDHEAの違い

DHEA-SはDHEA-Sulfateの略でDHEAが硫酸化された形態、DHEAに硫酸基(硫黄原子一個と酸素源4個)が結合している。DHEA-SからDHEAに代謝されるが、DHEA-Sに戻ることも可能。

血中を循環するDHEAの98%はDHEA-Sで、循環するステロイドホルモンの中で最も豊富な量をもつ。

DHEA-SもDHEAもアルブミンと結合しているが、DHEA-Sがより強くアルブミンと結合しており、DHEAのバルクにもなっている。

DHEA-Sは、循環からの代謝クリアランスが遅くなる。

またDHEAは通常午前中に腎臓から迅速に分泌されるが、DHEA-Sは強い概日リズム変動示さず、長い生物学的半減期をもつ。日による変化も少ない。

そのため、DHEA-Sの測定はより安定したDEHAの指標とみなすことができる。

DHEA-Sの役割

病態生理学におけるDHEA-Sの正確な役割、機能はよくわかっていない謎なホルモン。

その他のホルモンと異なり独自の分泌パターンをもつ多機能性ホルモンである。

DHEA-Sの高値は、心疾患、糖尿病、ガンに対する保護効果を示す可能性がある。

副腎不全は、DHEAおよびDHEA-Sの副腎産生の低下につながる。

一般的にはDHEA-Sレベルは、DHEAレベルと比例し、アンドロゲンの欠乏または過剰の臨床症状と密接に相関する

加齢のバイオマーカー

DHEA-Sレベルは20代半ばにピークを迎え、70歳までに約20%徐々に低下する。

「dhea-sulfate age」の画像検索結果

www.life-enhancement.com/magazine/article/2994-what-you-should-know-about-dhea

加齢によってテストステロンおよびアンドロステンジオンレベルが急激に減少するのに対して、DHEA-Sは徐々に減少する特徴を示し高齢化のバイオマーカーとして考えられている。

DHEAレベルは一度低下を始めると、それを元に戻すフィードバックメカニズムは備わっていないため、回復は難しくなる。

リコードプロトコル 目標値

女性 350~430 ng /ml

男性 400~500 ng / ml

DHEAの効能

ニューロン新生と可塑性

DHEA-Sの産生は副腎に加えて脳内でも合成され、脳の機能、発達に関わる役割をもつことが示唆されている。

DHEAは血漿よりも脳内で高い濃度を保ち、個人差があることがわかっている。またDHEA-Sも脳内でDHEAから合成されている可能性がある。

脳において、DHEA-Sは一般にGABA-A受容体に非競合的アンタゴニストとして作用する。DHEA-SはNMDA受容体のポジティブなアロステリックモジュレーターとして作用する可能性がある。

低濃度のDHEA-Sの低濃度は神経保護性でありえるが、高濃度のDHEAは神経保護効果をもつこともあれば神経毒性ともなりうる。

DHEA-Sの神経新生および可塑性への役割は、BDNFレベルへの影響をおよぼすことによる。

画像、イラストなどを保持する外部ファイル。オブジェクト名はnihms93085f2.jpgです。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2725024/

アポトーシス

DHEAはAkt活性化によってアポトーシスを阻害するが、DHEA-Sは反対にAktを減少させアポトーシスを増加させる。

この2つの神経ステロイドのバランスが神経系の発達と維持に重要な役割を果たす。

カテコールアミン合成

DHEA-Sは、カテコールアミン合成および分泌に影響する。

抗酸化作用

DHEA投与は過酸化水素によるNT2ニューロンの脂質化酸化速度を低下させる。(NT2ニューロンはプロオキシダントの曝露によってアミロイドβ産生に関与するBACE酵素の発現を誘導する。)

この神経保護効果は、神経栄養作用ではなくDHEAの抗酸化作用に起因する可能性がある。

抗炎症作用

DHEAおよびDHEA-Sは、TNF-α刺激によるNF-κB活性化に対して阻害効果をもつ可能性が示唆されている。

投与方法

投与量だけでなくタイミングが重要と考えられている。

DHEA-Sの神経保護性濃度は逆U字型の用量反応曲線に従う。


ライフエクステンション

DHEAの最適用量は個人によって大きく異なる。

一般的な推奨用量は15~75mgを一日3回に分けて摂取。

多くの研究では、大多数の高齢者の血清DHEAを若返らせるために1日50mgが投与されている。

DHEAの最適投与量を決めるには、DHEA療法を開始して3~6週間後に行う。

DHEA投与量を決定するための評価はDHEA-sの検査が望ましい。

男性

DHEA療法を開始する前に、男性はPSA(前立腺特異抗原)レベルを測定し、直腸診に合格しなければならない。

前立腺がん患者が、DHEA補充療法を行うかの判断は難しい。医師に相談し、低用量DHEA15~25mg投与を検討してみる。

前立腺がんリスクを減らすために、以下のサプリメント検討する。

ビタミンE 400〜800IU/日

セレン 200〜600mcg/日

メガソイ抽出物 1〜2カプセル/日
(40%イソフラボン抽出物)

リコピンエキス 20〜40mg /日

ソウパルメット果実エキス 160 mg、1日2回

ピグム樹皮エキス 50 mg、1日2回

ネトル抽出物 120 mg、1日2回

ガンマトコフェロール 210 mg/日

女性

DHEAのエストロゲンへの影響を評価するために、DHEAの検査だけでなく、エストロゲンとテストステロンの検査を含めた上で投与量を決定する。

エストロゲン依存性の癌と診断された女性は、DHEAを投与する前に医師に相談する必要がある。いくつかの研究では、血清DHEA高値が乳がんに対して保護効果をもつことが示されているが、乳がん患者へのDHEA投与の効果を評価する研究は十分ではない。

女性の推奨併用サプリメント

メラトニン 0.5〜3mg/日 夜

ビタミンEコハク酸塩  400〜800IU/日

メガソイ抽出物 135mg/日
(40%イソフラボン抽出物)

インドール-3-カルビノール 200mg/ 1日2回

ビタミンD3 1000〜1400IU

ガンマトコフェロール 210 mg

肝疾患

肝疾患(ウイルス性肝炎や肝硬変など)を患っている患者は、DHEAを舌下服用するか、またはDHEAクリームを局所使用することで、肝臓に入るDHEAの量を減らすことを検討する。

www.lifeextension.com/Magazine/2001/5/briefs/Page-01

アルツハイマー病

DHEA-S:コルチゾール比率の減少は、認知障害と関連し海馬容積と相関する。(MMSEとは有意に相関しない)

ある研究では対照と比べたアルツハイマー病患者のDHEA-S濃度は減少していたが、脊髄液中のDHEA-S濃度は上昇していた。この脊髄液中の高いDHEA-S濃度は別の合成経路により産生されたと推測されている。

認知機能の低下はDHEA濃度よりも、DHEA-S濃度の低下がより強く関連している。

またDHEA、DHEA-Sいずれかの絶対濃度よりも、DHEA:DHEA-Sの比率が重要となってくる。

アルツハイマー病患者のDHEAまたはDHEA-S血清濃度は可変的であり、正常値または低値であったり、初期の認知機能低下を予測するケース、そうでないケースがある。

臨床研究

www.sciencedirect.com/science/article/pii/B9780123694430500296

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2725024/

Translate »