Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

CIRS(慢性炎症反応症候群) 診断

CIRS(慢性炎症反応症候群) 診断

サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です

関連記事

CIRS(慢性炎症反応症候群)  概要

CIRS(慢性炎症反応症候群)診断

視覚コントラスト感度試験(VCS)

CIRS HLA遺伝子によるカビ毒感受性診断

CIRS 検査指標・バイオマーカー

CIRS(慢性炎症反応症候群)カビ毒治療プロトコル 14ステージ

マイコトキシン 6つの治療アプローチ

臨床診断

1 疲労

2 新しい知識の会得が苦手、痛がる、頭痛、光を眩しく感じる

3 記憶の問題、言葉が出てこない

4 集中力

5 関節痛、筋肉のけいれん、朝に体が凝る

6 皮膚感覚の違和感、うずき

7 息切れ、副鼻腔のつまり

8 セキ、喉の渇き、混乱

9 食欲の変化、体温の不規則性、尿の頻度

10 赤目、視界がぼやける、汗をかく、気分が変わりやすい、つきささる痛み

11 腹痛、下痢、しびれ

12 かきむしる、方向感覚を喪失、味覚異常(食べものが金属っぽい味)

13 めまい、静電気へのショック反応

以上の13のクラスターのうち、一つ以上該当するものがあればCIRSの可能性は存在する。※診断基準は満たさない

11歳以下の子供の場合6個かそれ以上、高齢者の場合8個の該当が簡易的な診断基準(カットオフ値)となる。

※この簡易診断はCIRSの診断基準であって、3型アルツハイマーの診断基準ではないので注意

※スクリーニングテストとして使われているが、曝露歴が長い(5年以上)場合の精度は高い。

視覚コントラスト感度試験

生物毒素の曝露を調べるためのスクリーニングテスト

治療効果を見るための最適化としての検査としても用いられる。

視覚コントラスト感度試験(VCS)

HLA遺伝子診断

CIRS HLA遺伝子によるカビ毒感受性診断

CIRS 検査項目

CIRS 検査指標・バイオマーカー