効きやすい病理・病状 成功要因 患者の心配

MENDプログラム3.0 神経変性プログラムの一部を翻訳してみた。

論文発表時のMENDプログラム1.0から1年以上が経過、現在100名以上がプログラムに参加しており、より臨床データが出揃ってきているものと思われる。

追記

最新経過報告 MENDプログラム臨床試験 239名の被験者

2017年8月

・SCI(主観的認知障害) MCI(軽度認知障害)患者のほぼ全員が改善

・初期アルツハイマー病患者の50~88%認知機能を改善

・中期~後期アルツハイマー病患者 いくつか反応あり、プログラムの遂行能力が課題

参加者の75%が辞めざるをえなかった仕事に復帰

※情報元 ACNEMブレインカンファレンス (英語) (Youtube)

追試予定

・400~500名の追試が2017年中に予定

・カリフォルニア州政府による1000名規模のトライアルが検討中

※情報元 ACNEMブレインカンファレンス (Youtube)

デイブ・ジェンキンス博士

ブレデセン博士によると、中期、後期まで進行したアルツハイマー病患者でも、いくつかでは相当に回復してきているケースが出てきているとのこと。

中期~後期の最大の課題はプログラムの遂行能力であり、

プログラムさえ実行されるなら100%改善するとのこと。

博士いわく、数年前に発表されたMENDプログラム1.0はすでに時代遅れとなっており、下記記載のMENDプログラム3.0の情報は、すでに一世代前のものとなっているので注意してもらいたい。

このプロトコルが奏効する病理・病状

SCI(主観的認知機能障害) → MCI(軽度認知障害) → AD(アルツハイマー)

1.症候性前認知症期、前駆期AD(遺伝子のタイプ E4 /4、 E4)

※presymptomatic stage 症状が発症していないMCIよりも前の時期

2.SCI(主観的認知機能障害)

※MCIには達していないが主観的に認知機能の低下を感じている段階

3.MCI(軽度認知障害) 

特に原因の特定が可能なaMCIのケース

※ aMCI = MCI(軽度認知障害)は初期は治療で治るが、aMCIはその治らない不可逆段階に入ってしまい、数年以内に認知症を発症する時期を言う。

4.認知機能は変化しているが、健康である人

5.初期型アルツハイマー

※特にまだアリセプト(ドネペジル)やメマンチン(メマリー)を使用していないケース

6.タイプ3 ではないSCI、MCI、または初期型アルツハイマー

タイプ3 = ブレデセン博士がアルツハイマーを代謝障害としてタイプ分けしている中の区分のひとつ。タイプ3は重金属や生物毒性などが主要因でアルツハイマーの発症に関わっているタイプ。

7.海馬の萎縮が限定的であるケース

8.75歳以下

このプロトコルが効きにくい病理・病状

1.アルツハイマー病末期

※周辺症状の改善を除く

2.長期的で進行性の症状

嗅内皮質が指標

※「ReCODEプロトコル」では発症後10年経過した患者さんでも、改善していく例があることがわかってきた。ただしそういった患者さんでは回復に長い時間がかかり、3~6ヶ月程度では回復の期待はできないとのこと。

3.75歳以上

4.すでに複数の薬剤を使用している。

※特にドネペジルおよびメマンチン

5.初期MCIの段階を過ぎたタイプ3の患者

6.素直に従わない患者、周囲の人間(家族、ヘルパーを含む)

※失敗のもっとも大きな理由

7.拡散的なシナプスの喪失を伴う進行の遅いタイプ

8.congophilic angiopathy(コンゴーレッド親和性血管障害)の可能性のある患者には注意すること(特にE4 / 4の男性)

成功する人の傾向、要因

1 プログラムに真面目に取り組む

2  細部に気を配る

3 検査値を見ながら改善していく。

4 配偶者や周囲の重要な人がサポートしてくれる。

5 ファローアップ(追跡支援)がある。

6 何度もプログラムの最適化を繰り返す

7 面倒見のいい医師がついてくれる

※当ブログではMENDプログラムを自己活用していくため、面倒見のいい医師や、追跡支援は無理だろう。不足部分は自分や周囲で補っていかなければならない。

成功率が低い人の傾向、要因

1 プログラムへの取り組みに真面目さが欠けている

2 プログラムの細部への注意が欠如している。

3 検査値を気にせずに取り組む。

4 プログラムの開始をすぐにしない。病気が悪化して遅れて始める。

5 フォローアップ(追跡支援)が欠けている。

6 最初に実行する計画が、最終決定された計画だと決めつける。

7 面倒見の悪い医師にあたってしまう。

よくある抗議と懸念(言い訳)

「でも、アイスクリームを食べるのをやめたくないです。」

「でも、チョコレートを食べるのをやめたくないです。」

「でも、私はピザが大好きなんです。」

「でも、私は夜遅くにならないと、夕食を食べることができません。」

「私は砂糖が好きでやめられません。」

「旦那よりは、私のほうがまだ良い食生活をしています。」

「ココナッツオイルは飽和脂肪酸ですが、悪くないのですか?」

「夜5時間以上、寝ることができません。」

「運動する時間がありません。」

「プログラムが複雑すぎます。」

「自分でストレスを減らすことができません。」

「でも、肉が大好きです。」

「でも、甘いものが好きです。」

「私はまだ、それほど悪い状態にはありません。問題が出てきたらプログラムを行おうと思います。」

「セリアック病は、めったに起こらない病気ですよね?」

※セリアック病 = 小麦などに含まれるグルテンに反応して生じる自己免疫疾患

「このプログラムの治療法が治してくれるようには見えないのですが。」

ブレデセン博士

「認知症を含めた認知機能の低下は、何十もの因子の影響によって発病するきわめて複雑な疾患です。

病気を完全に克服するためには、あなたの抱えているすべての病気と関連する因子を標的に取り組まなければなりません。

そして、どのような治療法であっても、それ単独ではその複数の因子を治癒することはありません、ですが組み合わせによる治療までもが効果がないということにはなりません。」

「単一的な治療によってアルツハイマー病が治る日が、いつの日かくる可能性を否定はしません。しかし、複雑化した生化学において、これだけ多くの病因をもたらす要因に取り組まなければならないことを考えると、それが起きるとは思えません。」

「他のことはいいので、薬だけくれませんか?」
「でも、ジャンクフードよりうまいものは他にありません!」
「しかし、私の主治医からは「アルツハイマー病が完治しない病気というのは一般常識です。」と言われました。」

そのために私はこの本「アルツハイマー病の終焉」を出版しました。

そして初の認知機能の逆転に成功したことを発表しました。少なくとも初期のステージに関しては。

ですので、可能な限りプログラムを早くすることがきわめて重要です。

Translate »