アストラガルス(認知症・アルツハイマー)

アストラガルス(オウギ)/Astragalus

利用規約・免責事項 をお読みください。

「astragalus」の画像検索結果

概要

伝統的に中国で脾臓の病気に使われてきた。

腎臓の健康補助食品として信頼性の高い症例研究がある。

脳損傷の保護効果が知られている。

経口摂取による生体吸収率の低さ(アストラガロシドIV 1.5-2.2%)がネック。

CYP3A4を阻害。

アストラガロシドIVの標準用量 5-10mg

認知症と関連する効果・作用機序

・ミトコンドリアの保護効果

・テロメア短縮率を低下させる。

・カスパーゼ3、カスパーゼ9による海馬神経細胞構造の悪化を低減

・脳虚血に関連するTNF-αおよび1L-1βの増加を抑制

・大動脈の弛緩作用、動脈の拡張 用量依存

・血圧低下

・慢性心不全による心臓収縮が改善

・末梢のグルコース代謝の増加による2型糖尿病への緩和

・PPARγ、PPARαアゴニスト

・アディポネクチン分泌の増加

・AMPK活性によるグルコース毒性の予防

・マクロファージの増強

・NF-κBの阻害、抗炎症効果

アルツハイマー病関連研究

アストラガロシドIVはマウス脳のPPARγおよびBACE1発現を増加させ、神経性プラークの形成、アミロイドβ形成を低下させた。アストラガロシドIVは天然のPPARγアゴニスト

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27023226


ガストロジン、アストラガロシド、ペオニフロリンは、マウスの学習及び記憶能力をたかめ、脳ホモジネート、脳内のアミロイドβプラークおよびアミロイドβを減少させた。

用量依存効的であった。ガストロジンはベータセクレターゼを阻害することによってアミロイドβ産生および蓄積を減少させるが、アストラガロシドおよびペオニフロリンはベータセクレターゼに対しては明らかな効果を示さない。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28690138


アストラガロシドI 軸索、樹状突起伸展作用、アミロイドβ誘発性ニューロン細胞死を阻害

onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1038/sj.bjp.0706865/abstract


アストラガロシドIVがミトコンドリアPTPの開口を阻害し、ミトコンドリア膜電位を回復し、ATP産生を増強し、シトクロムcオキシダーゼの活性を改善し、アミロイドβ42の多い環境でミトコンドリアからのシトクロムc放出を遮断した。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24905226

相乗効果

サルビア

サルビアとアストラガルス1:1の比率で疲労への効果の臨床研究が行われている

アンジェリカ

アンジェリカ1に対してアストラガルス5

この組み合わせはエリスロポエチンをコードする遺伝子発現をアップレギュレートする。

インビトロ研究で、5:1の比率がエストロゲンシグナル伝達を刺激、抗血小板作用、内皮細胞分化において最も相乗的であることが示唆されている。

地黄/Rehmanniae Radix

アストラガルスと同様に糖尿病治療薬として使用されいる。

アストラガルス2に対して地黄1の割合を文献では「NF3」と呼ばれる。

糖尿病患者の創傷治療として検討されており、WnT、VEGFと関連した血管新生経路として作用する。

サンシチニンジン/Panax Notoginseng

MMP-9の阻害およびTIMP-1の誘導により脳虚血再灌流傷害作用への相乗効果をもつ。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21046759

サプリメント

ナウフーズ レンゲソウエキス 500mg 90カプセル

1日1錠

1ヶ月毎に1週間のオフ期を設ける  オフ時はレスベラトロールを増量

Translate »