アンドログラフィス(認知症・アルツハイマー)

アンドログラフィス(穿心蓮)/Andrographis

画像、イラストなどを保持する外部ファイルオブジェクト名はECAM2013-846740.001.jpgです。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3619690/

概要

熱帯・亜熱帯アジア、東南アジア、インドに分布

各国の呼び名

インド  「カルメグ」”Kalmegh”

中国  「チュアンシンリアン」”Chuan-Xin-Lian”

タイ 「ファー・タイ・ライ」

マレーシア「ヘンプドゥー・ブミ」

日本  「せんしんれん」”穿心蓮”

スカンジナビア諸国「グリーン・チレッタ」

非常に広範囲の生物学的活性

抗酸化活性

CAT↑、SOD↑、GST↑、LDH↓、CAT↓、SOD↓、GSH↓、 TBARS↓

抗炎症効果

LPS誘発性NO産生↓

NFκB活性抑制
NF- κ p50の還元型Cys62の共有結合修飾↓

NF- κBオリゴヌクレオチドの核タンパク質への結合を阻害

血小板凝集抑制

血小板活性化因子↓、cGMP経路↑

抗糖尿病

TG↓、血糖値↓

高脂血症

TC↓、TG↓、HDL-TC↓、LDL-TC↓、血糖↓、トリグリセリド↓、LDL↓

肝臓保護薬

腎保護作用

抗ウイルス

抗菌

抗炎症

抗菌

抗腫瘍

抗マラリア薬

抗HIV

上部気道感染

風邪予防に絶大な効果 60%→30%

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3619690/

研究

アンドログラフォライドが海馬および皮質領域におけるHMGB1、TLR4、NFκB、COX-2、iNOSのリポ多糖(LPS)誘導過剰発現を阻害する。

プロアポトーシス遺伝子の発現を低下させ、抗アポトーシス遺伝子の発現を増強することで、神経変性を減少させる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29146293


アンドログラフォライドをマウスへ投与後、酸化ストレスおよびミトコンドリアの腫脹が減少した。ミトコンドリア保護によるアルツハイマー病治療剤としての可能性

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29136781


動物モデル(デグー)でのアンドログラフォライドの有益な効果

・ 空間記憶と学習能力の回復

・シナプス基底伝達シグナルの回復

・特定のシナプスタンパク質の部分的または完全な保護

・加齢によるリン酸化タウタンパク質の脱落からの神経保護、アミロイドβ凝集体の減少

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27505720


アンドログラフォライドはGSK-3βの競合阻害剤。

マウスの海馬における神経前駆細胞増殖および未成熟ニューロンの数を増加させる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26798521


アンドログラフォライドは、海馬のCA1領域における興奮性シナプス後電位の後輩を増加させ、GSK-3βを阻害。

マウスのAβレベルを低下させ、Aβオリゴマー種周辺のタウリン酸化を減少、空間記憶機能を回復させる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25524173

有害作用

アンドログラフォライドはBBBに損傷を与えることで細胞周期を停止させ、脳内皮細胞アポトーシスを誘導することにより部分的にMCAO再灌流誘発脳障害を悪化させる可能性がある。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23930775

サプリメント

1日 1錠

高用量でも毒性がないことが判明している。

Translate »