アルツハイマー病 治療のための選択オプション

アルツハイマー病と呼ばれるような単一の病気は存在しない。

3つの異なる代謝障害と、2つの中毒症状を、ひとまとめにして呼ばれているだけだ。

デール・E・ブレデセン博士

※ネット上にあった情報を翻訳したもので、現在より詳しい内容が、ブレデセン博士著「アルツハイマー病の終焉」に記載されてある。

MENDプログラムの基本コンセプト

・プログラムの鍵となる要素は「繰り返し」「反復」することです。

・薬はどこまでもデザートであり、治療のメインディッシュではありません。

早く治療するればするほど、あなたの病気が完全に回復するチャンスは大きくなります。

・代謝のパラメータが悪化するにつれて、認知機能も悪化します。

・プリオンループ効果はしきい値があるため、通常は(ここに記載の)すべてのステップを実行する必要はありません。

MEND 治療のための選択オプション

栄養療法

すべてのプロトコルの中で、間違いなく栄養摂取による治療は単独で改善できる最も強力なツールです。

・適切な食事管理によって認知機能が低下した人は、ほとんどいません。

・栄養療法の概略は神経科学者よって作られています。

(L博士、JG博士の協力により)

・単純炭水化物、飽和脂肪酸 低食物繊維 などを用いた、危険な食べ物は、避けてください。

・炭水化物中心の食生活から「良い脂肪」中心の食生活に変えていく。

インスリン抵抗を下げる。(サイトゾル.リン酸化インスリンレセプター基質(IRS1)神経エクソソーム)

栄養摂取の最適化、野菜中心、オートファジーを誘導(12/3)、

適度なケトーシス

・摂取カロリーの大半を非デンプン質の野菜や(地元、有機野菜であればベストです)質の高い脂質を摂取してください。

それには 調理した野菜、生の野菜、濃い緑色の野菜、色彩バランスのとれた野菜、アブラナ科の野菜、も含ませてください。

・エルサレム・アーティチョーク、シロザロ、アブラナ科野菜など、解毒作用のある野菜も含みます。

ベリーなどのグリセミック値が低い(血糖値をあげない)フルーツを食べてください。

(フルーツジュースではありません!)

※パイナップルのようなグリセミック値の高いフルーツはさけてください。

アボカド、ココナッツオイル、MCTオイル(8:12 C)などの脂質

「栄養補充による治療」 重要なので繰り返します。

・お肉は「メインディッシュ」ではなく「付け合せ」です

肉は、自然放牧で育てられた牛肉、または飼育されたアヒル・がちょうが望ましいです。

・魚を食べる場合は、養殖ではなく海で捕獲されたもの、

SMASHフィッシュサケ、サバ、アンチョビ、イワシ、ニシン

※英語で頭文字をとってSMASH

水銀を多く含む、長命で大きな口をしている魚は避けてください。

・適度なケトーシス

・平飼い飼育の鳥から生まれた卵

・グルテン、乳製品など、過敏反応のある食べ物は避けてください。

・DIRTY DOZEN & CLEAN 15

ダーティー12

※農薬が大量に使われて危険なため、有機にしておいたほうがよい野菜と果物

リンゴ
セロリ
トマト
キュウリ
ブドウ
ネクタリン(ズバイモモ)

ジャガイモ
ホウレンソウ
イチゴ
ブルーベリー
赤ピーマン

クリーン15

※農薬が大量には使われないため、食べても安全な市販の野菜と果物

タマネギ
アボカド
スウィートコーン(GMOには注意)
パイナップル
マンゴー
えんどう豆
ナス
カリフラワー
アスパラガス
キウイ
キャベツ
スイカ
グレープフルーツ
さつまいも
ハネデューメロン

腸内環境を回復させる

(骨のスープ、コロストラム(初乳)、L-グルタミンを先に摂らない)

→ その次の段階で、プロバイオティクスおよびプレバイオティクスを摂取

食事管理について

Dr Gundry ガンドレー博士(特にレクチン関係)

Dr Fuhrman ファーマン博士(The Nutritarian Diet)

Dr Hymanc  マーク・ハイマン博士(Eat Fat Get Thin)

Dr Perlmutter パールマター博士(グルテンフリーダイエット)

などを参照比較してみてください。

睡眠は極めて重要

・「軽度認知障害MCIは、いつ改善するのですか?」 専門家との会話

睡眠時無呼吸を取り除く!

良い睡眠環境

(暗いこと、電磁波がないこと、風が吹いていない、静かである、など)

・可能な限り夜間、8時間の睡眠をとること。

好ましくは深夜になる前に寝床につく(自然光とともに起床、就寝)

・「強力な瞑想」を先に実行する。

・メラトニンの生理的用量

・反芻する場合はトリプトファンを。

・就寝前、少なくとも3時間は食べ物を食べないこと

・それでも問題が引き続くケースでは、専門家からのストレス評価を受けることができますか? ホルモン?衛生環境?等の検討

MEND:治療のための選択オプション

エクササイズ

有酸素運動強度トレーニングの両方

合計 週5回 / 45分から60分

ストレス

(1)すべての代謝障害タイプに該当、特にタイプ3

(2)瞑想、神経敏捷性

(3)呼吸

(4)コルチゾール、rT3(リバース甲状腺ホルモン)

(5)副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)

(6)喜び、音楽、そしてライフスタイル

刺激するものを避ける!

PPI(プレパルス・インヒビション)、スタチン、神経刺激薬、単純炭水化物など

・高圧酸素療法は、いつ行うつもりですか?

MEND:治療のための選択オプション(2)

生物学的に同一なホルモンの最適化

(1)プレグネノロン

(2)fT3(遊離型甲状腺ホルモン)

fT4(遊離型甲状腺ホルモン)

rT3(リバース甲状腺ホルモン)

TSH(甲状腺刺激ホルモン)

(3)E2、P、E2:P、生体同一HRT(ホルモン補充療法)

(4)検査

(5)インスリン

(6)コルチゾール、DHEA

(7)ビタミンD + ビタミンK2

ハーブ

アミロイド-βの受容体介在クリアランスを増加させる等

アシュワガンダ

バコパモニエリ(Bacopa monnieri)(複合的メカニズム)

ヘリシウム(Hericium)

ロディオラ(Rhodiola)

ゴツコラ(Gotu kola)

シャンカプシュピ(Shankhpushpi)

など

ミネラル代謝を最適化する

(1)銅:亜鉛の比率

(2)血清マグネシウム

(3)カリウム

(4)水銀、鉛、カドミウムとして

(5)セレニウム

(6)リチウム

(マグネシウム、亜鉛、銅:亜鉛比、セレニウム、マンガン、鉄、水銀など)

シナプス成分:シチコリンおよびオメガ-3を摂取

標的(ホモシステイン)

ホモシステイン < 7

B12(メチルコバラミン)および B12(アデノシルコバラミン)

Me-葉酸 (活性型葉酸)

P5P (活性型ビタミンB6)

TMG (トリメチル・グリシン)

標的(ビタミンD・ビタミンK)

25-OH-D3 (25-ヒドロキシビタミンD)50-80ng / ml

ビタミンK2 100mcg

生体内の関門

口腔、腸、鼻、皮膚、眼、血液脳、呼吸器など

標的(糖代謝)

(1)FINS(空腹時血清インスリン濃度)<5

HbA1c(グリコヘモグロビン) <5.6

FBS (空腹時血糖)<90

 インスリンおよびCHO(糖質)

(2)組み合わせを最適化する

(3)最終的にはインスリン誘発薬を必要とするかもしれない。

MEND:治療のための選択オプション(3)

•脳トレ論争 オーバートレーニング

•抗炎症 vs 炎症という対立軸の解消
低炎症  ISIS(WAR) vs ISIS(MAR)vs ISIS(拘束)

•DHA&他のオメガ3 vs CAA(細胞内抗酸化活性) vs オメガ3脂肪酸保護作用

•Detoxプロトコル。サウナ、カスティーユ石鹸、Lグルタチオンなど

•鼻腔内の栄養サポート 長所/短所 SNIFF

•幹細胞の適切な時期は?

•抗菌剤?抗バイオフィルム? MARCoNS?

•薬はいつ役立つのですか? モノクローナルを含める? F03?

プログラムのポイント

ホルモンの最適化

(1)プレグネノロン

(2)fT3、fT4、rT3、TSH

(3)E2、P、E2:P、生体同一HRT

(4)検査

(5)インスリン

(6)コルチゾール; DHEA

(7)ビタミンD + K2

重要なハーブ

(1)バコパモニエラ

(2)アシュワガンダ

(3)ウコン(クルクミン)

(4)ヒエリリウム・イリノセウス

(5)ロディオラロゼラ

(6)その他(ミント、セージ、シロザなど)

生体障壁・関門

(1)腸管壁

(2)脳関門障壁

(3)口腔

(4)鼻/鼻腔

(5)外部接触(皮膚、爪、髪)

抗酸化剤

セレニウム

ビタミンC

ビタミンE(ミックス)

グルタチオン

リポ酸

SOD(スーパーオキシド・ディスムターゼ)

MT(メタロチオネイン)

など

栄養因子

(1)NGF(脳神経成長因子) ← アセチルLカルニチン、 Hericium(ヤマブシタケ)

(2)BDNF ← 運動

(3)VIP(血管作動性腸管ペプチド) 鼻腔内

(4)インスリン、IGF

調整因子

(1)ココナッツオイル or MCTオイル

(2)クルクミン

(3)レスベラトロール

(4)シチコリン(CDPコリン)

(5)オメガ3脂肪酸

(6)ニコチンアミドリボシド

(7)Dリボース

(8)ユビキノール

Resolvins レゾルビン(SPM Active)※

※DHA・EPAから作られる化合物で細胞の炎症を抑える。

腸内環境の健康

(1)腸内環境の評価(Cyrex 2)

(2)回復(ボーンブロス(骨スープ)or コロストラム(初乳)or L-グルタミン)

(3)再増殖(プロバイオティクス)

(4)支持体(プレバイオティクス)

(5)注意(砂糖、グルテン)

(6)補助(消化酵素、S. boulardi、ベタイン-HCl)

毒素

(1)アルツハイマー タイプ3の代謝障害

(2)重金属

(3)CIRS マイコトキシン、およびライム(Borrelia)

(4)銅:亜鉛 比率

脳トレ

ブレインHQ、Lumosity、Dakimなど メンデント:実用的な問題

課題(効能、疲労、タイミング、環境)

ストレス

神経の敏捷性?

睡眠に関するいくつかのキーワード

(1)衛生環境を整える

(2)睡眠時無呼吸を治す

(3)メラトニン、トリプトファン、5HT(セロトニン)、その他

(4)就寝のタイミング

(5)騒音、EMF(電磁波)、光

感染症およびアルツハイマー病

HSV-1

P.gingivalis、

その他細菌

カンジダ

Stachybotrys

Aspergillus

Penicillium

Chaetomium

スピロヘータ

その他

※注釈、挿絵、解説、リンク先、太字強調等はアルハカで加筆したもの

クエスチョンマークはオリジナル

翻訳元

www.metagenics.com.au/api/sitecore/Widgets/ViewFile?Id=%7BDDE4D6EF-6DB7-481A-85D2-6E7C9B4560E8%7D

現在閲覧不可

Translate »